リペアマン遠藤のリペアブログ~その48~リペア仕事納め!

みなさまこんにちは!

リペアマン遠藤です!

気付けば2020年も残り僅かです。早いですね~

今年を振り返るとコロナ禍で本当に大変な1年となりました…


リペアマン遠藤は本日12月29日が仕事納めです。明日よりリペア休業となります。

来年の1月3日から仕事始めとなります。皆様よろしくお願いします!


というわけで今年も様々なリペアをやってきましたね。

今回は番外編として取り上げきれなかったリペアを紹介してみたいと思います。

まずはこちら…

フレット交換ですね!

ステンレスフレットへの交換です。

普通のニッケルフレットと比べてステンレスは錆びないので艶が長持ちします。交換するとすごくメンテナンスが楽になりますね。

そしてとにかく硬いので長年の使用でもフレットが減らないのも魅力です。

そのおかげで作業時にフレットをカットする時にけっこう力が要ります。その度に手の平の豆を潰していました…笑


とても素敵な仕上がりとなりました!

今年はコロナ禍によるアコギ需要もあってアコギのフレット交換がいつもより多かったような気がします。


続いては…

ナット交換ですね!

ちらっと元のナットが写っていますが欠けてしまったので交換してほしいというご依頼でした。

今年も数多くのナット交換をしてきました。

私は割と造形と仕上げにこだわります。綺麗に仕上がるととても美しいですよね…


お次はコチラ

テレキャスターのプレートですがミニスイッチが付いていますね。

これはプレートに穴を空けてシリパラスイッチを付けたところです。

シリパラスイッチとは…?

ネックPUとブリッジPUの配線の接続シリーズ(直列)とパラレル(並列)を分けることができるスイッチです。

PUセレクターがミックスポジションの時にパラレルはいつものシングルの音です。しかしシリーズではハムバッカーのような太い音になるのです!

こんな感じです。いいですね!


こちらはプレートにトグルスイッチを付けましたが何のスイッチでしょう?

実はこれはキルスイッチです!

どちらか一方に倒すと音が出なくなるスイッチです。

ギターの奏法にはスイッチング奏法というものがあるのですが出来るようになります。

実はこのギターはトグルスイッチを付ける前にボタン式のキルスイッチを取り付けたのですが…

数ヵ月の使用で壊れてしまい文字通り"kill"してしまったのでトグルスイッチに交換したのです。


交換してからは調子がいいみたいですね!



続いてはコチラ

ネック交換をしました!

メイプル指板のネックからローズウッド指板のネックに変わりましたね。

センター出しもバッチリです。

オクターブの位置を考慮したりネックポケットを拡張したりそれに合わせてピックガードを加工したり…なかなかシビアな作業なのです。


最後はコチラ!

ピックガード作製からの…

ボディのパーツ類を全て交換しました。

そしてヘッドトップ着色、ペグ交換、ナット交換…

完成です!

このリペアはGLAYのHISASHI氏が所有するjourneymanギターのどんずば仕様を作ってほしいというご依頼で、元のBacchusのギターを大改造したものでした。

かなり気合の入った改造となりました…!




このような感じで今年もたくさんの作業をしてきました。

こんな内容のリペアって出来るのかな~と悩まずにまずはお気軽にご相談下さい!


今年もあと数日ですが皆様には大変お世話になりました…!

来年もよろしくお願いします!



以上、リペアマン遠藤でした!

またお会いしましょう~



※常駐時間のご案内

11:00~19:30

不在の場合もあるので事前にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせ先

店舗名 島村楽器仙台ロフト店
電話番号 022-264-9333
担当者 遠藤

リペア定休日

※「赤」リペア定休日となります。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。