リペアマン遠藤のリペアブログ~その41~抗菌・坑ウイルス処置の巻!

皆様こんにちは!

リペアマン遠藤です!

数日前から急に寒くなったので急いで衣替えしました。

もしこのタイミングで風邪ひいたらコロナと見分け付きにくそう…なんて考えてしまいました。

皆様も季節の変わり目で体調を崩さぬようご自愛くださいませ。



そして今回紹介する話題も実はコロナと関係あります。

ずばり、楽器への抗菌・坑ウイルス処置です。

えーっそんなの出来るんですか!?って思われるかもしれませんが出来ます!


まずはルシアー駒木氏のブログをご覧ください。

ルシアー駒木のギターよもやま話 その108「ギターだって抗菌/坑ウイルス!」

実は島村楽器のギターリペアではコロナ禍において、ギター技術者として何か出来ないかと考えて取り組みを進めてきました。


内容としましては、


1.抗菌塗装

2.抗菌コーティング仕上げ

3.抗菌ワックス仕上げ


の3段階で現在店頭受付を開始しております。


ルシアー駒木氏の上記ブログの写真と文を引用してご説明します。

1.抗菌塗装

抗菌塗装では既存の楽器用塗料をこの液体によって抗菌/抗ウイルスの塗料に変える事が出来ます。

ある程度の手間を要しますが、それと引き換えに「菌やウイルスが付着してもその場で不活性化されてしまう楽器」に皆様の楽器そのものを変えてしまう事が出来ます。

皆様の楽器の現状にコーティングするように被せて吹き付ける事は勿論、この機会に色を変えちゃおう、エイジド加工にしてしまおう、ウレタンをラッカーに塗り替えよう、なんて、リフィニッシュがてら抗菌/抗ウイルス仕様にしちゃうのもOKです。しかも、ラッカーでもポリウレタンでも塗料種を問わず可能です。塗面でない指板などにも可能です。

2.抗菌コーティング

抗菌コーティングでは塗装するよりも簡易的で、楽器表面にコーティング剤でコーティングします。

塗面そのものが抗菌/抗ウイルス化される訳ではないとはいえ、表面をしっかりコーティングしますので、効果はある程度期間持続。パーツにもコーティングできます。

3.抗菌ワックス

抗菌ワックスはさらに簡易的で表面に塗り込みます。

ワックスが表層に乗っている限り効果は持続します。塗装やコーティングより簡易的で抗菌期間も短くなるとはいえ、それでも除菌スプレーのような「その瞬間だけ」ではありません。

これだけで承る事が出来るのは勿論の事、通常のメンテナンスやリペアの仕上がり時に僅かのアップチャージをして頂く事で、作業終わりの拭き上げ時、既存の仕上げワックスと置き換えられます。



こういった備えをしておく事で安心安全に普段の練習からライブ演奏等にも集中出来るのではないでしょうか。


抗菌作業につきましては抗菌剤の在庫状況もあります。

作業をご希望の方は一度お電話にてお問い合わせ頂ければと思います。



いかがでしたでしょうか?コロナ禍の現在において楽器にも抗菌・坑ウイルスの流れが徐々に来ています。興味が湧きましたらぜひお気軽にご相談下さい!


以上、リペアマン遠藤でした!

またお会いしましょう~


※常駐時間のご案内

11:00~19:30

不在の場合もあるので事前にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせ先

店舗名 島村楽器仙台ロフト店
電話番号 022-264-9333
担当者 遠藤

リペア定休日

※「赤」リペア定休日となります。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。