リペアマン遠藤のリペアブログ~その38~傷消しバフ掛けの巻!

みなさまこんにちは!

リペアマン遠藤です!

7月に入りましたが相変わらず梅雨でジメジメ極まってますね~

部屋の湿度も高いので除湿機を買おうか思案中です。ギターの保管の為にもいいですし。

そして私は低気圧には弱いのでこの時期はなかなかきついです…

早く夏になってほしい~

リペアマン遠藤の7月の出勤はほぼ通常通りです。ブログ最後のカレンダーでご確認くださいませ!


では本題にはいります。

まずはこちら、

ボディトップのカッタウェイ部分ですがうっすらと白い線が…

ボディサイドにも入ってますね…


これは塗装に入ったです。

何かにぶつけたり擦ったりしてしまうと容易に付いてしまいます。

気を付けていてもふとした時に出来てしまってなかなか切ないものがありますね。

この傷は消すことが出来ないのでしょうか…?



そこでなんとかします!

傷を消す方法として一番の方法は再塗装です。

しかし修理代が高くなってしまうのでちょっと躊躇してしまうかもしれませんね。

もう一つの方法が今回紹介するバフ掛けという方法です。

昔ギター工場に勤めてた時に塗装研磨の仕上げで行っていましたが、今回はその方法で消すことが出来そうなのでやってみます。

ちなみに元が艶消し塗装のギターだと思いっきり艶が出てピカピカになってしまうので出来ません…再塗装です。


まずは下準備をしていきます。

番手の細かいペーパー(今回は#1200)とパッド、あと水ですね。

この水は何?という感じですが

塗装の研磨をする時に番手の細かいペーパーでは容易に目詰まりを起こすのでそれを防ぐ為に水をつけながら研磨するのです。

専門用語で水研(すいけん)や水研ぎと言います。逆に何もつけない場合を空研ぎと言います。

このような感じで研磨していきます。

そうすると塗装が細かい傷で艶消しっぽくなります。

これは後でバフ掛けすると艶が戻るのでまずは大きな傷を消すことに集中しましょう。

ただ塗装のクリアー層の厚みを考えながら作業する必要があります。

ここで一番注意することは着色層まで達してはいけません。着色層が出る事をオーバーすると言いますがそうなっては絶対ダメです。慎重に…

傷の深さがクリアー層で収まっていたので綺麗に消せました。

もし消える前に着色層が出そうだなと判断したらそこでストップすることも大切です。絶妙なさじ加減が求められます。

続いてボディサイドも、

消えました。

ようやく下準備が終わりました。

艶消し状態からまた艶を復活させていきましょう。


ここからがバフ掛けの作業になります。

コンパウンドとドリルバフを使って一気に仕上げていきます。

ブイーンと当てていきます。しかしバフの当て方にもコツがありただ当てるだけではありません。

すると、

はい、ピカッと

こちらもピカッと

綺麗になりましたね!

よかった~!!


いかがでしたでしょうか?

傷の度合いにもよるのですが、今回のようにそこまで深くない傷であれば綺麗に消すことも出来ます。まずは気軽にご相談下さい!



以上、リペアマン遠藤でした!

またお会いしましょう~




※常駐時間のご案内

11:00~19:30

不在の場合もあるので事前にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせ先

店舗名 島村楽器仙台ロフト店
電話番号 022-264-9333
担当者 遠藤

リペア定休日

※「赤」リペア定休日となります。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。