【3/27~29デジフェス2015まで後"27日"】私が欲しい機材達「ARP ODYSSEY」

20150310-Digifes_title.jpg

機材好きによる機材好きのためのフェス「デジランドフェスティバル2015」

時間が有る限り、店内の空気が許す限り、そして私の気力が続く限り、デジランドフェスティバル2015へ向けての記事を書かせて頂こうと思っているのですが、今回で3発目なのですね!
今週はこの記事で最後に、来週からまた書かせて頂こうと思っております!

私が欲しい機材達「ARP ODYSSEY」

島村楽器仙台イービーンズ店、デジタル担当の私が個人的に欲しい機材を、ただ只管紹介させて頂くコーナーなのですが今回はKORGが復刻させてしまったARP ODYSSEYについてです!

平成生まれの私が憧れるARP

ARPとは70年代に活躍したシンセサイザーメーカーです。当時モジュラー型で配線モジャモジャなシンセサイザー多かったのですが、ARPマトリックス・スイッチに変更し非常に見やすいパネルを実現したARP2500を生み出し、多くのアーティストから支持を受けました。Arturiaのソフトシンセでも再現されていますね!
中でもARP ODYSSEYは出音の良さはもちろん、比較的コンパクトで使い易く、初期型のRev.1、中期型Rev.2、後期型Rev.3と重宝されたシンセサイザーでした。

日本の老舗楽器メーカー「KORG」が復刻した「ARP ODYSSEY」

画像

私も大好きなメーカーでもある、日本を代表する楽器メーカーKORGARP ODYSSEYを復刻させると公式に発表された時は衝撃的でした!そして待ちに待って今年のNAMM Show2015で公式に発表されました!

KORGの十八番芸とも言えるダウンサイジング

自社のMS20でさえダウンサイジングを行ったKORGですが、ただダウンサイジングをするのでは無く、キチンと使いやすさの継続を実現させているKORGのダウンサイジング化は素晴らしく、今回発売されるARP ODYSSEYも当時と比べて86%のダウンサイジング化を実現しています!重量も約2Kg程、軽くなっているようですね!

Rev.1、Rev.2、Rev.3のフィルターを全て搭載

前述させて頂いた通り、当時のARP ODYSSEYには3期の機種が存在します。今回発売されるARP ODYSSEYRev.3カラーと同じなのですが、3期のフィルターを全て搭載!切り替えて使用出来るとの事です!先日、発売されたMS-20MもRev.1とRev.2で切換が可能なので、KORGのマニア心な気遣いは素敵ですね!

Rev.1、Rev.2カラーも限定で発売!

画像画像

当時のARP ODYSSEYRev.1、Rev.2、Rev.3でカラーが違います!なんと今回は、数量限定でRev.1、Rev.2カラーのモデルを発売するとの事、これはマニアには大変嬉しいのでは無いでしょうか?

専用のセミ・ハード・ケースを同梱!

画像

KORGから発売されるARP ODYSSEYには専用のセミ・ハード・ケースが同梱して来ます!これがまたカッコイイ・・・

どうやら島村楽器郡山店、デジタル阿部さんが実機を触ったようです。

島村楽器郡山店デジタル担当の阿部さんが、いち早くARP ODYSSEYを触って来たようです。コチラにてレポートが更新されています!何とも羨ましいですね・・・。

3/29(日)「デジフェス2015」にてMS20M、ARP、MOOG、volcaを使用したリアルタイムトラックメイクセミナーを開催!

未だに先端を走り続けるKORG関連機材を惜しみ無く使ったリアルタイムトラックメイクセミナーを開催します!ハードウェアのみで奏でられる生き生きとしたトラックメイクを体感しましょう!

メーカー KORG
タイトル リアルタイムビートメイクセミナー
時間 開場 16:45
開演 17:00
会場 仙台店 店内Aスタジオ
料金 無料

お問い合わせ先

店舗名 島村楽器仙台イービーンズ店
電話番号 022-264-9333
店舗HP 島村楽器仙台イービーンズ店HP
担当者 【デジタル担当】
児玉(こだま)、阿部(あべ)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。