コンサートレポート アフタヌーンコンサート~金子淳 ピアノコンサート

こんにちは!島村楽器仙台泉パークタウンピアノインストラクターの寺木でございます。ピアノのレッスンを行っております。
2018年度第2回目のAfternoon Concertが開催されました!

画像
5月12日(土)に、2018年度アフタヌーンコンサートシリーズ第2回目のアーティストとして、ピアニストの金子淳さんに演奏して頂きました。コンサートは店内ピアノセレクションルームにて行いました。

当日のプログラム

スクリャービン作曲 / 2つの詩曲作品32
ショパン作曲 / スケルツォ第3番 嬰ハ短調 作品39
ラヴェル作曲 / 水の戯れ
ラフマニノフ作曲
/ 絵画的練習曲イ短調 作品39-6「赤ずきんちゃんと狼」
/ 絵画的練習曲作品39-8
/絵画的練習曲ニ長調 作品39-9「東洋風行進曲」
ストラヴィンスキー作曲 / 「ペトルーシュカからの3楽章」

画像
スクリャービン作曲「2つの詩曲」でコンサートが開幕いたしました。後期ロマン派~近代にかけて活躍したロシアの作曲家スクリャービンの、作風が変化していく過渡期の音楽。神秘的な響きが印象的な作品です。旋律的な1曲目と力強くリズミカルな2曲目それぞれの個性を引出していらっしゃいました。

画像
各曲の背景や曲想などについてご自身の経験も交えながら分かりやすく解説いただきました。

次はショパンのスケルツォ第3番。金子さんは留学中、現地で「『スケルツォ(=冗談)』というタイトルについて違和感を感じないか」と問われたことがあるとのこと。まさしくそう感じてしまうほどの激しく情熱的な性格を持つ1曲です。高度な技巧を要するフィナーレに圧倒されました。

ラヴェルの「水の戯れ」。「水」に関連してご自身のヴェネツィアでの経験を楽しく語ってくださいました。次々に変化する水の表情を透き通った音色で繊細に演奏してくださいました。 

再びロシア作品。ロシア人の音色・歌い方が魅力的に感じ、ロシア人から学んできたという金子さん。ラフマニノフの練習曲は各曲の曲想を色濃く表現され、ロシアのピアニズムを肌で感じることができました。

ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」は高度な技巧が要求される難曲。複雑な和声やリズムを弾きこなし、華やかで刺激的なバレエの世界を表現していらっしゃいました。

アンコールはラフマニノフの練習曲作品33-8。最後に1曲、ハチャトゥリアンのバレエ音楽「ガイーヌ」より「剣の舞」。名曲を2曲、贅沢にお聴かせいただきました。

画像
最後に当店スタッフとの記念の1枚。
素晴らしいコンサートをありがとうございます。
金子淳さんの今後益々のご活躍をスタッフ一同応援しております。是非、地元仙台でのまたの演奏の機会をお願い致します!

お問い合わせはこちらまでどうぞ!
店名 仙台泉パークタウンタピオ店
TEL 022-342-5233

今後も皆様のご来場、お待ちしております。

アクセス方法

電車をご利用のお客様へ

・1地下鉄南北線泉中央駅下車、地下鉄泉中央駅バスプール3番のりばより、『「寺岡・紫山経由 泉パークタウン行き」及び「寺岡三丁目行き」』にて約20分、
バス停『寺岡一丁目北・泉アウトレット』下車(片道¥330)、バス停より徒歩約3分。

・2JR仙台駅西口2番乗り場より、路線バス『「泉アウトレット行き」もしくは「宮城大学行き」』にて約30分、バス停『寺岡六丁目・泉アウトレット』下車。徒歩約1分で到着。
※JR仙台駅から往復割引切符販売、往復¥1,030(仙台駅バスターミナル内、宮城交通案内所にて販売)。

お車をご利用のお客様

高速自動車道、泉ICより約800m北上、右手にヤマト運輸さんが見える交差点を左折、約3km直進して頂くと左手にございます(所要時間約10分)。
ETC搭載のお車でしたら、泉PAスマートICから約2.5km、ICより約5分で到着。

コンサートを聴いて「自分でもピアノを弾いてみたくなった!」という方はこちらから!

島村楽器仙台泉パークタウンタピオ店ピアノサロンではピアノレッスンを行っております。お客様お一人おひとりに合わせたオーダーメイドの予約制レッスン!憧れの一曲にチャレンジしませんか。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。