~ピアノ調律師 たっくんその⑯~湿度調整剤編

皆様、こんにちは。

島村楽器泉パークタウンタピオ店で調律師をしております、
間島 巧(まじま たくみ) 「たっくん」です。
画像

皆様、大変ご無沙汰しておりました。
もう3月ですね。
段々と暖かくなってきて、エアコンやストーブなど使用頻度が
少なくなってくる時期ですね。
そこで、以前にもお伝えしましたが、ピアノの湿度の状態を
改めて確認してみてはいかがでしょうか。

今までは寒い季節でしたので、お部屋も乾燥していたと思います。
ですが、これからは暖かくなり、湿度もだんだんと上がってくる
季節になります。
そこで!
画像
こちらの湿度調整剤を使用してみませんか。

中を開けると・・・
画像
この様になっています。

まずは、右側の大きい袋から入れ方を説明します。
画像
ピアノを下から覗き込んで下さい。

すると・・・
画像
真ん中の上の方に丸い取っ手と金属の薄いバーがあります。
このバーを上に押しながら取っ手を引っ張ると・・・
画像
下の板(扉)が開きます。

そこで・・・
画像
右奥側に置くだけです。
そしてまた板(扉)を閉じます。
その時に!!
板(扉)を閉めた時に「バチン」となるのを確認して下さい。
バーが固いので途中で止まってしまう可能性があるからです。
確認は丸い取っ手を引っ張っても倒れてこなければ大丈夫です。

次は小さい袋の説明を致します。
画像
ピアノの天井板が開く様になっています。
画像
こうなります。ピアノの機種によっては後ろまで開くタイプも
ございます。
そして内部の右側を見てみると・・・
画像
こうなっておりまして、角につまみがあります。
画像
このつまみを回してそこにひっかけてまた戻します。
左側も一緒です。
以上で、湿度調整剤の置き方の説明になります。

もし、良かったらピアノの近くに湿度計を置いて頂けると
今のピアノの状況が目で見て分かりやすいと思います。
画像

是非、お試し下さい。

以上、たっくんでした!

以前の記事はコチラ
~ピアノ調律師 たっくんその⑮~たっくんイベント実施報告 - 島村楽器 仙台泉パークタウンタピオ店 シマブロ

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。