リペアマン山本の札幌リペア道中記 VOL.83 ~ブリッジを作っちゃおう!!~

皆さん、こんにちは!

リペアマン山本です!!

最近、ビンテージエフェクターへの興味がどんどん上がってきまして、そのロマンに完全にノックアウトされてしまっています(笑)数種類は所有してきましたが、ファズやワウの沼に今にも飛び込みそうな勢いです。

さて、物欲の話はさておき、今日はリペアの紹介です。

おもむろに写真が出てきましたがこのギターのブリッジ元々の元ではなく私が製作したものです。アコースティックギターのブリッジ剥がれという修理は比較的多く、特に乾燥する北海道では多いかも知れませんね。ブリッジ剥がれの修理は少し浮いているだけであれば接着剤を流し込んで圧着すれば直るものもあるかも知れません。しかし私はあまりお勧めしません。まず浮いているブリッジを剥がし、ブリッジ側とボディ側の平面を整えてから接着をする事が強度の上でも非常に大事です。

ブリッジが剥がれるという事は乾燥や弦の張力などの要因で剥がれたという事です。湿度の変化と弦の張力によりブリッジ、ボディは大きく歪んでいる事が多々あります。そういった場合そのギターに合わせてブリッジを製作する事になります。

ブリッジが剥がれていても諦めないでください!!

ある日ケースから開けたら…ある日久しぶりに弾いてみようと思ったら…ブリッジが剥がれて取れてしまっている!ブリッジのボディエンド側が大きく浮いてしまっている!

皆さんはその時「あ~、これは直らないかな...」と思って諦めてしまうかも知れません。

そんな時はリペアマン山本に相談してください。

形あるものは直るんですから。

以上、リペアマン山本でした!!

また次回!!

1月リペア定休日【赤】

関連記事

リペアスタッフ常駐、店頭での楽器修理受付について




記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。