大喜多崇規さん(nothing's carved in stone)によるドラムセミナー&マンツーマンレッスンを開催しました

ドラムセミナー&マンツーマンレッスンを開催しました

画像
去る2018年8月2~4日に、nothing's carved in stoneのドラマー、大喜多崇規さんによるドラムセミナー&マンツーマンレッスンを開催しました。これまでも3回にわたりドラムセミナーを開催してくれた大喜多さんですが、これまで以上に濃い内容となった今回のイベント。その模様をご紹介いたします。

使用楽器

画像画像

シンバル

パイステ900シリーズ

  • 900HiHat14”
  • PST-X SWISSTクラッシュ16”+900スプラッシュ12”
  • 900クラッシュ17”
  • 900スプラッシュ10”
  • 900ライド22”
  • 900クラッシュ18”
  • 900チャイナ18”

当日使用シンバルの一部は、こちらから購入できます(販売済の際はご容赦下さい)

ドラムセット

SAKAE The almightyシリーズ

  • 20”バスドラム
  • 10”タム
  • 12”タム
  • 16”フロアタム
  • 14”スネアドラム
  • 12”サイドスネアドラム

サカエのドラムセットは現在新規受注はできません。ご了承ください。

大喜多さんのインスタグラム、blogでも紹介していただきました。

パイ 。 ステ 。 #paistecymbals #900シリーズ #Lerni

大喜多崇規さん(@oniy02)がシェアした投稿 - 2018年 8月月5日午後6時32分PDT

マンツーマンレッスン

大喜多さんと文字通り1対1、二人きりのレッスンです。会場内にドラムセットをこのように2台セットしました。
画像
レッスン内容は二人だけの秘密!?。事前に参加者さんからのヒアリングを行い、ひとりひとりにあわせた内容で進められていました。
レッスン後
「少し叩いただけで弱点を見抜いてくれた」
「日々の練習のヒントをもらった」
「今日から、よりドラムを楽しめる」
等々、参加者さんからご満足のコメントを聞くことが出来ました。

ドラムセミナー

画像
マンツーマンのレッスンとは別に、聴講形式のドラムセミナーも開催しました。毎回、確かな演奏と的確なコメントで大きな気付きを得ることができると好評の大喜多さんのドラムセミナー。
今回はテーマごとに練習方法と、そのテーマを活かした曲のデモ演奏という内容。基礎から、実践的な内容まで網羅した大変濃い内容のセミナーとなりました。

内容をご紹介

当日は大喜多さんのセットを参加者さんがぐるりと囲むで配置。足元もばっちり見て学ぶことができます。
画像
内容的は、基礎打ちからnothing's carved in stoneでの実際の例など、盛りだくさんの内容でしたが、そのうちのごくごく一部をご紹介いたします。
みなさんの日々の練習に活かしていただきたい、ということで大喜多さんに特別に許可をいただき、セミナー中の一部の動画を紹介します。

ビート感を鍛える

  • ウラ拍を意識することで、壮大でカッコ良いビートになる。
  • クリックを裏拍に感じることで、自分だけでビートを支えている事になる。
クリックをウラ拍で感じてリズムパターンを叩く練習

クリックとキャッチボールする意識で、カウントを半拍ずらして感じてリズムパターンを叩きます。ストロークの高さをガイドにするとわかりやすい、とのことでした。

クリックを4拍目のウラに感じてリズムパターンを叩く練習

さらに発展させて、テンポを4分の1に設定し、(この場合は♩=120なので♩=30で鳴らす)クリックを4拍目のウラに感じてリズムパターンを叩きます。

こちらも、ストロークの高さをガイドにするとわかりやすい、とのことでした。
日本では馴染みが少ない練習方法かもしれないが、海外ではリズム遊び的にオーソドックスに行われているトレーニングだそうです。見ると簡単そうですがやってみると大変難しい!!ぜひやってみましょう!

じゃんけん大会&サイン会

画像
予定にありませんでしたが、セミナー参加者さんでのジャンケン大会!賞品は今まさに大喜多さんが使用していたスティック!もちろんLERNIのご本人モデルに、LERNIのグリップテープを大喜多さん自ら巻いたものです。
画像
サインをして下さるときも、参加者さんからの、ドラムやバンドの質問に丁寧に応えられていたのが印象的です。nothing's carved in stoneの記念すべき初の武道館公演(2018/10)に参加予定という方も多くいらっしゃいました。

ありがとうございます

画像
毎回大好評の大喜多さんのドラムセミナー。今回は聴講形式のセミナーに加えて、初の個人レッスンを行いました。ドラムを、より深く楽しく学んでいただきたいという思いにあふれた大喜多さんのレッスンとセミナーは、きっとみなさんのドラム人生の大きな糧になると信じています。
このような機会を設けてくださった大喜多崇規さん、機材面で協力していただいたモリダイラ楽器さん、そして参加者のみなさん、どうもありがとうございます!

ドラムセミナー(ドラムクリニック)とは?

当札幌パルコ店では、これまでも多くの第一線で活躍中のドラマーさんをお招きし、ドラムイベントを開催してきました。村上ポンタ秀一さん川口千里さん伊藤大助さん(クラムボン)ら、多くののドラムセミナーを開催、多くの方にご来場いただきました。
毎回、多くのドラマーさん、音楽ファンの方に参加していただいており、プロドラマーのプレイ、サウンドはもちろん、機材のこだわり、そしてドラマーさんの人柄に接するることができるイベントとして大好評のイベントです。今後も楽しいイベントを企画していきます。予定はこちらのBLOGで発表しますので、ぜひチェックお願いします。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。