モジュラーシンセ 初めの一歩 vol.5 -音階をつけるのだ!!-

さて、

今回は「-音階をつけるのだ!!-」です。

前回はとりあえず、音が出るところまででした。全く、「音楽的」な要素が無く「電気信号の音」という着地点でしたので、今回はもうちょっと「音楽的」な所まで行ってみましょう。

それでは前回の音に何かしら「音階」をつけるための信号(鍵盤とかシーケンサーとか)が必要なので、新製品Roland Boutiqueシリーズ「A-01」を使って音階をつけていきたいと思います。SYSTEM500シリーズはモジュール型の昔ながらのシステムなのでMIDIで信号を受け取ることが出来ません。「CV」という電圧の変化によって音階をつけていくタイプ。なので今回は「CV」の端子を使って音階をつけていきます。「A-01」の「CV OUT」から「KEY」なのでキーボード的な感じですね。これで「512」自体には「音階をつけろ」という信号が来ているはずです。

でましたーーー!!音階有り!!音楽っぽい!!
出演は今回はvol.4で紹介したROLAND PLANETスタッフの大木さんです。


モジュラーシンセ初めの一歩vol 5

でも、音が止まんないんですけど。。。。鳴りっぱなしです。

とりあえず、ボリューム絞ります。。。

といってもまだ「音楽!!」というところにちょっと近づいたあたり。次回は「音作り」をしてみたいと思います。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。