リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.10

こんにちは!リペアマン山本です!

前回、ご紹介したサーベルタイガーのマシンさんのアコースティックギター。
いよいよ実際の作業に入っていきます。

ネックの状態が適正である事を確認し、完成形の弦高をイメージしながらサドルを削り弦高を調整していきます。

画像

各弦の弦高バランスを最適にする為、底面だけでなく上面も削っていきます(拘り)

各弦のバランスが良くなると弾き易さが違います。今まで弾きにくかったフレーズも弦高バランスを整えてあげる事で弾けるようになったりとプレイアビリティにおいてかなり重要な部分です。

画像

画像

上面を再成型し磨き上げたらサドルは完成です。

画像

弦を張り完成の弦高と出音を確認中の山本です。

完了後いよいよマシンさんに受け渡しです。

写真はありませんが、マシンさん入念に完成したギターをチェック!

そして...

「すごく弾きやすい。いつもエレキを弾く時と感覚が変わらない。」と非常に喜んで頂けました!!

最後に記念撮影~

画像

いかがでしたでしょうか?

今回は単純なリペアではなく調整の部類に入るかと思います。だってどこも壊れてないのですから。マシンさんは弦高を現状より低くエレキとあまり変わらない弾き心地をと明確なイメージがありました。現状より弾きやすく!このプレイに適したセットアップを!そんな攻めの調整もどしどしご相談下さい。

ではまた次回!!

営業時間のご案内

11:30~20:00

10月リペア定休日【赤】

画像

11月リペア定休日【赤】

画像

問い合わせ先は

札幌パルコ店 担当:山本 TEL 011-214-2391

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。