【インストラクターブログ】お悩み解決!~黒鍵って弾きにくい

黒鍵が弾きにくくて苦手!どう解決できる?

皆さんこんにちは!ピアノインストラクターの山遠です。
今回のお悩み解決は『どうしたら黒鍵が弾きやすくなる?』というテーマでお話します。
特に黒鍵に慣れていない初心者、少しずつ難しい曲に挑戦し始めた方によくある悩みだと思います。

黒鍵は特別ではない

初心者はハ長調から基礎を練習することが多いので、最初は出てくる頻度が多くないです。
でもハ長調のスケール(ドレミファソラシド)を弾くよりもド、レ♭ミ♭、ファ、ソ♭ラ♭シ♭、ド(親指から始めてファで親指をとりくぐって弾いています)の方が自然な動きになります。

楽譜の見やすさ、覚えやすさからハ長調のスケールから練習する事が多いですが、身体の動きとしては黒鍵が入っている方が本当は自然と思った方が良いです。

黒鍵を取る自然な手の位置

画像のように黒鍵だけを手首を左右に曲げて、取りずらそうに弾いているのをみかけます。

黒鍵が入っている音を弾く時は、手全体を鍵盤の奥に持っていき、黒鍵にかぶさるような位置で弾けるようにしてみましょう。

黒鍵でオクターブ・・・平均台的恐怖

クラシックの名曲で「乙女の祈り」という曲がありますが、黒鍵オクターブを連続で弾いていくような楽譜です。
白鍵は落ちないけど、黒鍵は落ちる!すべる!
その時は掴む、すべらせる!です。
掴む感覚は指の第一関節にあります。
ぜひ鍵盤の蓋を閉めて、その上で手前から奥へ、クッキーの生地(もちろん焼く前)にてんてんてん・・・と跡をつけるようにオクターブの形で移動した練習をしてみてください!

ショパンの有名な通称「黒鍵のエチュード」を弾ける日を夢見て練習頑張りましょう!


前の記事>>【インストラクターブログ】左指トレーニング

【インストラクターブログ】ピアノでスタッカートを歯切れよくしたい

【インストラクターブログ】サックスで一発でいい音を出す方法

【インストラクターブログ】フルート最低音ド攻略法


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。