フルートあるある話③〜フルートバランサー編

こんにちは!フルートインストラクター白川です。

フルートあるある第3弾は、フルート吹きの方なら誰でも気になる「音色について」です。

【主婦Aさんのレッスンにて】

白川:Aさん、今日もCスケールのロングトーンから音出ししてみましょう!

Aさん:♪ドー、レー、ミー、ファー・・・あの・・・家で練習していて家族に言われるんですけど・・・

尺八みたいな音だねって。特に低音が。

はい、フルートって半分息を逃がして、半分入れる楽器なので、逃げる息が多いと確かに尺八っぽくなってしまうんですよね。そのような音色が裏技のアイテムになることもあるので、いろいろな音色を出せるのは面白いことなのですが!ここでは基礎的な音色・・・フルートらしいあのキラキラと輝く音を出す近道を追求したフルートパーツをご紹介します!先月の「管楽器フェスタ2013」札幌クラシック店会場で話題となりました、その商品とは

こちら!

フルートバランサー

フルートバランサーです。

フルートバランサーとは

フルートの頭部管クラウン(一番上のキャップ)を取り、中にフルートバランサー、付属のフェルトの順で入れます。

フルートバランサー取り付け

S・M・Lの各サイズによって重さが異なり、重くなるにつれて抵抗感が増します。その抵抗感が、音に芯を与え、一音一音を際立たせクリアな音に変化します。また、重量バランスが足部管側に傾くフルートですが、頭部管側が重くなることで、楽器の安定感にも貢献します。

※各メーカーによってクラウンの構造が違うためLサイズが装着できないメーカーもあるので、注意が必要です。

フルート吹きの皆様、「もっと良い音で吹きたい」その想いをサポートできるのがこの商品です。

音色にお悩みの方、ぜひお気軽にお店に試奏しにいらしてくださいね♪心よりお待ちしています!

管楽器展示コーナー

【フルートインストラクター紹介ページはこちらです♪】

【フルートインストラクター紹介】白川亜矢子 イオンモール札幌平岡店 店舗情報-島村楽器

過去の記事はこちら

フルートあるある話① フルートスピード編
フルートあるある話② ブレスビルダー編

お問合わせはこちらまで

島村楽器 札幌平岡イオン店
〒004-0873
北海道札幌市清田区平岡3条5-3-1 イオンモール札幌平岡店
TEL:011-889-5120

フルートインストラクター/白川

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. 長袖の貴公子 より:

    これは劇的な音色の変化しますよね~♪

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。