【弦楽器リペア】アトリエ・コクーンの弦楽器工房日記vol.7「41.5㎝ヴィオラご紹介」

みなさま、こんにちは!弦楽器修理担当の藤村です。島村楽器さいたま新都心店では弦楽器工房を併設しています。弦楽器(ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの本体と弓、コントラバスは弓のみ)の修理を承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!
稼働状況、毛替えのお値段はこちら

ヴァイオリンより少し大きく、やや低音域のヴィオラ。ヴァイオリンの曲もチェロの曲も演奏できて、あたたかく心地よい低音が魅力的です。今回の工房日記ではボディサイズ41.5cmのヴィオラをご紹介いたします。ヴィオラはサイズによって音色や響きの世界観が変わっていきます。販売中の楽器ですので、ご興味ありましたらぜひ店頭にて試奏してみてください!

メーカー 税込販売価格 コメント
Ron Fletcher ¥990,000- ガルネリモデル。当社ニューヨーク買付品。長らくプロ奏者が愛用していた、オールドヴィオラのような響きの逸品です。1994年製。

【Ron Fletcherご紹介】
イタリア人製作家でありながらアメリカの名店ウーリッツァに工房長として招聘され、名器のコピー製作で20世紀をリードしたフェルナンド・サッコーニ(名器ストラディバリウスの研究者として著名)。ロン・フレッチャー氏はそのサッコーニの最も才能ある弟子としてストラドなどの名器再現に活躍しました。

ではサイズ感を見てみます。↓左画像はボディレングス(ネック部を除く本体の長さ)39.5㎝のヴィオラで、右が今回ご紹介のヴィオラ41.5㎝です。
濃いレッドブラウンのニスのためシュッと見えるかもしれませんが、ボディの厚み・膨らみ、全てが大きくなります。お手にしてみると迫力のサイズ感です!ご参考までに、演奏時に気になる箇所の寸法をざっくりと比べて記します。

ボディ 上幅 中幅 下幅 横板+表裏板の高さ あご付近の高さ
右41.5㎝ 21.2㎝ 14.1㎝ 24.8㎝ 約4.9㎝ 約7.1㎝
左39.5㎝ 18.5㎝ 12.8㎝ 23㎝ 約4.4㎝ 約6.7㎝

1994年製のこの楽器は表板・裏板にそれぞれredwood,cottonwoodを使用した前衛的かつ唯一無二の作品でもあります。チェロ寄りのサウンドで音の一つ一つに重厚感が感じられ、また長い間ニューヨークのプロ奏者が愛用していたこともありオールドヴィオラのような柔らかく立体的な響きを備えています。大きめのボディから生まれる深く豊かな響きを存分にご堪能いただけます!!

最後までお読みいただきありがとうございます、いかがでしたか?試奏などのお問い合わせはお気軽にどうぞ!それではまた、次回工房日記をよろしくお願いいたします。さようなら!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。