【弦楽器リペア】アトリエ・コクーンの弦楽器工房日記vol.6 「ネック上げ修理」

みなさま、こんにちは!
弦楽器修理担当の藤村です。島村楽器さいたま新都心店では弦楽器工房を併設しています。弦楽器(ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの本体と弓、コントラバスは弓のみ)の修理を承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!
稼働状況、毛替えのお値段はこちら

今回の工房日記では、ネックを一度抜いて適切な角度・高さで入れ直す「ネック上げ修理」をご紹介します。↑画像、譲りうけた楽器でレッスンを始めたところ、ネックが落ちていて演奏が困難(弦を押さえづらい、ボウイングで弓が楽器に当たってしまうなど)ということで修理をご希望されました。ネック差し込み部分に注目していただくと、指板と表板の間が低く、指板が急角度で右上がりになっています。このような場合はネックを一度抜き、角度・高さを適切に修正して入れ直しすることで、音量・音色も改善することが出来ます。

↑はある名器の画像です。ネックの差し込み部分と指板の角度を見ると、最初の画像に比べ自然な高さ・角度で差し込まれており音量・音色にとって理想的と言えます。実際にネックを入れ直すときは楽器の個体差(表板の膨らみ具合など)を考慮しながら、適切な高さの駒を立てるための角度を目指します。

↑↓はネック入れ直し後の画像です。指板と表板の間を高く、指板角度をより緩やかにし音量と立体感のある音色になりました。弦の押さえやすさ、ボウイングのしやすさも戻っています。

ネック落ちはショックですが…しっかり修理すれば弾きやすさが戻るだけでなく、音量・音色のパワーアップの機会になるかもしれません。ぜひご相談くださいませ。それではまた、次回工房日記をよろしくお願いいたします。さようなら!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。