島村楽器コクーンシティさいたま新都心店   アトリエ・コクーンの弦楽器工房日記vol.2

みなさま、こんにちは!
弦楽器修理担当の藤村です。島村楽器さいたま新都心店では弦楽器工房を併設しています。弦楽器(ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの本体と弓、コントラバスは弓のみ)の修理を承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!
稼働状況、毛替えのお値段はこちら
今回のアトリエ・コクーンの弦楽器工房日記では、ちょっとめずらしいリペアご紹介します。
上の画像ですがバイオリン本体のネック部分が折れてしまったものです。オーマイガッ!
大切な楽器ということで、修理をご希望されました。こういう場合は継ネックという修理方法を行うことで、スクロール(ネック先の渦巻き)部分はオリジナルを残せ、折れたネックの竿部分は新しくすることが出来ます。

上の画像のように、新しい材を受けるスクロール側と組み込む材側の双方をそれぞれ整え、ぴったりと合わせ組み込んで行きます。所定の位置まですり合わせたらニカワで接着、ネックの形状に整えたのちニスリタッチを行えば完了です。

ニスリタッチを行えば継ぎ目はそれほど目立ちません。この方法での継ぎ目はとても丈夫ですので、修理箇所を気にせずたくさん演奏していただけます。
それではまた、次回工房日記をよろしくお願いいたします。さようなら!


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。