【管リペアブログ】第6回「トリルが出来なくなっちゃった!」

皆様こんにちは!

前回投稿から4か月も空いてしまい、

ついにお客様に「更新して下さい」と

催促して頂いてしまいましたので

慌てて書いております・・・申し訳ありません!!

時々「読んでますよ」とお声がけ頂くのが

嬉し恥ずかしいです。更新がんばります・・・

(ちなみに前回ハマり始めたと言っていた筋トレは

地味に続いています。プロテイン、始めました。)

トリルキイについているコルク

反省文はここまでにさせて頂いて、本題です。

本日ご紹介するのは、フルートについているあのコルクの修理です。

管楽器についているパーツでなくなっても大丈夫なものはありませんが、

特にこの子がいなくなってしまうと大変ですよね。

トリルはもちろん、高い音を出すときパッカ~ンと開いていまいます。

偶然ですが、先月数名の方がこの部分の修理でお持ち込みくださいました。

どうやって取り付けるの?

実は、このコルクは基本的に成形されたパーツをつけるのではなく

ひとつひとつ削って作っています。

(ゴム製のものはパーツを取り寄せてつけています。)

まずは、接着する部分を綺麗にしてから始まります。

カーブを上手く合わせてぴったり付くように削って接着し、

成形する前の状態がこちらです!

ご、ごつ~~!

左が、少しだけ成形を進めた様子です。

(作り始めてから写真を撮り忘れてたことに

気が付いたことは内緒ですよ。。。)

最終的なフォルムとはかけ離れていますね。

こんなのじゃ美しいトリルは奏でられません。

ここから、刃や紙やすりをつかって

角度や丸み、高さ調整をしていきます・・・

よく見る形になりました~!!

これでバッチリですね!

いかがでしたか?

もしかしたら、ここを手作業でやると知らない方も

多かったかもしれません。

私は個人的にこの作業が好きで、ゴツゴツなコルクから

つるんとなった瞬間ニヤついています。

そんなに頻繁にやる修理ではないので、

回数を重ねるごとに早く綺麗に作れるよう鍛錬中です・・・!

全体調整はお早めに!

「別に気になるところはない」と思っていても

実は調整が崩れていること、よくあります。

1年以上、分解を含むメンテナンスをしていない方は

まずは無料見積をしてみましょう!

ご来店お待ちしております♪

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。