【管リペアブログ】第5回「オーボエ修理に使う鰹節?」

皆さんこんにちは!

最近自宅での筋トレにハマり始めている吉田です。

マットやダンベルを用意したので

これからムキムキになる予定です。

スワブ詰まりを腕力で解消できる日も遠くないかもしれません・・・・!

修理に使う鰹節?!

筋肉の話はさておき、本題です。

クラリネットやサックスにもついている、「キイコルク」は

皆さん分かりますか?

オーボエでいうと、コレです!

木管楽器のキイの後ろについている事が多いですね。

パッと見目立つ事はありませんが、よく見ると

意外と至る所についてます。縁の下の力持ち。

ありがとうございます。

ついているコルクは小さいですが、元の形はどんなものでしょう?

修理で使用しているコルク

↑これが、木管のキイコルク等で使うコルクです。

これを切ったり貼ったり、時には紙ヤスリ等で楽器に合わせて削るのも

大事な作業のひとつです。

厚さが0.5mm~2.0mmくらいの物をよく使いますが、

対してオーボエのコルクは0.3mm。

他の木管楽器以上に繊細なオーボエさんは、

薄~いコルクを貼って調整しております。

オーボエでくらいしか使わない、うっすいコルクの原型はこちら!



これ・・・鰹節に似てませんか?!

あ、そんなに似てないですか?

ピンと来ない方は是非鰹節の画像を検索して見てみてください。

以上です。

修理しながらふと、鰹節みたいだな~と思ったので、

今回は修理で使っているアイテムの紹介、ということで書かせて頂きました。

(「それだけ?」は禁句です)

管楽器の修理に興味を持ってもらえたら嬉しいです!

似てると思ってくれた方、ぜひ直接吉田に伝えてください。

大いに喜びます。

定期調整しましょう!

一応リペアマンとして毎回言わせてください。

管楽器の修理頻度は、最低でも1年に1回です!

調子が悪いと感じる前に、しっかり点検することが

上達への近道です。

ご来店お待ちしております!

※掲載されているスケジュールが変更になっている事があります。

 お急ぎの場合、事前にご予約頂くとスムーズです。




記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。