管楽器リペアスタッフ近田の日常の風景 Vol.1フルートの唄口のはなし

はじめまして!さいたま新都心店で管楽器リペアを担当している近田(ちかだ)です。
修理をしながら気が付いた、ご自身でもできる『いつものお手入れ+α』をご紹介していきたいと思います。

頭部管はフルートの命!と言っても過言ではない

この唄口の穴(リップウインドウ)の壁面の部分をライザーといいます。
フルートの製作工房では、このライザーを成形する熟練の職人さんが居るくらい、音色を決める重要なものです。
ライザーにだけメッキをかけて、音色を変化させているモデルもあります。

画像
色がついているところがライザー

音色への影響大!!!

それなのに!!!
リップライザーに水垢や口紅が残っている楽器をよく見かけます。勿体ない・・・。

どうしたらいいの?

その日の汚れはその日のうちに。
演奏が終わって、管内の水分を除去しますね。そのタイミングで優しく拭き取ってあげましょう。
私は指にガーゼを絡ませて、サッとひと拭き。綿棒を使うのも良いと思います。
画像

汚れがこびり付いて取れません。

無理にこそぎ落としたりしないでください。ライザーに傷がついたりしても、再生する事はできません。
リペアマンに相談してください。

そもそも基本のお手入れが不安・・・

まずはこちらを参考に。
ガーゼをくるくる巻く掃除法は、近田も得意です!是非、店頭でお尋ねください。

正しいお手入れは演奏上達の基本

楽器にとって、良い状態を保つということは、演奏に集中できる環境を作ることが出来る、ということです。
何となくやっているお手入れも、なぜ必要なのか、理由が分かると、楽しく的確に出来ると思います。
もっと聞いてみたい!という方は是非、ご自身の楽器を持って、遊びにいらしてください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。