隔週更新!日高のエフェクターコラム!! ~オススメエフェクターご紹介Vo2~

皆さんこんにちは!

エフェクター担当の日高です!

~隔週更新!日高のエフェクターコラム!!とは~
エフェクター担当の日高がエフェクターの使い方・特徴・うんちくなど
自身が気になった事やお客さまからの疑問などを、
新聞のコラムのように簡単かつ詳しく・楽しく皆様に発信していこう!
というものです!!

今回もエフェクター紹介動画でございます!

りんくう店にある担当者オススメのエフェクターをご紹介します!

今回はこちらの2つをご紹介!!
画像
デデン!

使う機材はコチラ!
画像
ギター:CoolZ ZTL-10M
アンプ:Marshall JVM210H
チャンネルはクリーンでイコライザーは全て12時です。

MAD PROFESSOR 
(New) Little Green Wonder

画像
ローミッドが強調されたTS系オーバードライブ。という事で紹介されていましたが、実はガッツリ弾くのははじめて。
果たしてどんなサウンドなのか…

画像
ノブは
VOLUME:ボリューム
DRIVE:歪み
BODY:時計回りに回すとトレブルブースト、反時計回りに回すとロー・ミッド/トレブルブーストを強調(メーカーサイトより)

個人的にはBODYノブがどのように作用するのかが気になりますね!

実はこのエフェクター、日髙が好きなthe cabsというバンドの高橋國光さん(現在はösterreichというプロジェクトを立ち上げて活動されています)が使用していた(かもしれない)という個人的な興味だけでレビューしてみたのですが…
かなり質感が良く、スタックアンプと相性の良いクラシックなペダルだと感じましたね!
個人的には芯のある音という印象以外ではTS系っぽさは良い意味で感じなかったなぁ…と思いましたね。(これは是非お試しして感じてみてください!)
DRIVEを上げればほぼディストーション並みに歪んでくれ、尚且つ粒立ちもはっきりしていますので、アルペジオ、複雑なコードが得意な方にはもってこいといえます!

Rockbox ELECTRONICS(ロックボックス エレクトロニクス)
BABY BLUES 2014
画像
こちらはUSA産のハンドメイドメーカー!
現在(2018.7.4)島村楽器では2台しか在庫が無い大変レアものの商品になっています!
こちらはかなりオススメで、スイッチを見て頂くとおわかりですが、かなりの量のサウンドメイクが出来る仕様になっています!
プリアンプ、オーバードライブ、ブースターとそれぞれに合ったセッティングが出来ますので、同じボードに2台はあってもいいのでは?と思うぐらいの出来です!

画像
ノブは
LEVEL:ボリューム
DRIVE:歪み
TONE:トーン
左上スイッチ:ブースト(外側でOFF)
左下スイッチ:中音域のブースト(外側でOFF)
右上スイッチ:DRIVE1(外側でOFF)
右上スイッチ:DRIVE2(外側でOFF)
となっています。

上記でも記載しましたが、サウンドメイクが多彩に楽しめますね!
歪みの量としてはオーバードライブで、ブルージィーなソロ、バッキングなどで使用されるかと思います。
BITEスイッチをオンにすれば中音域が出てくるのでブースターとしても良いですね!!

個人的には…
画像
ON・OFFのスイッチが「カチッ」とならないタイプだったのが踏みやすかったですね!

いかがでしたでしょうか?
演奏は上手ではありませんが音の変化を感じて頂けたら幸いです!
どちらもかなりオススメですのでぜひりんくう店でお試しください!!

気になるお値段、在庫の詳細はコチラ!↓

皆様のご来店お待ちしております!

この記事を書いたのは↓

店舗名 TEL 担当
りんくうアウトレット店 072-458-4631 日髙(ひだか)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。