【エフェクターボード】ペダルトレイン入荷いたしました!!

皆さんこんにちは!

エフェクター担当の日高です!

今回はpedaltrain(ペダルトレイン)画像
のエフェクターボードが入荷してきましたので、ご存知の方は多いと思いますが、改めて!!ペダルトレインのエフェクターボードの魅力についてご紹介致します!!

このペダルトレインですが、なんといってもこのボードで組むと綺麗に仕上がるということですね!(ほこりがたまりにくいのもGOOD!!)

画像
このようにすのこ状に枠組みが組まれているのでこの間にパッチケーブルやDCケーブルを通すことによって表面に出てくるケーブルを極端に減らせることができます。

これにより綺麗になるのは勿論ですが、エフェクターを踏む際にパッチケーブルを間違えて踏む事も無くなるので操作性もバツグンに良くなる、というわけですね!

更に特徴的なのはこの段差!
画像
この段差により奥の部分が上がってきますので

奥のエフェクターがかなり踏みやすくなっています!

平面のボードだと奥のエフェクターの下に木枠を置いてみたりと試行錯誤された方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ペダルトレインではそのままボードに付けるだけで段差が付きますので面倒が一気に解消されます!

更にもう一つ!このボードならではの特徴です!
画像
上記の段差によってできた裏のスキマにパワ-サプライを仕込むこともできます!(パワーサプライのサイズによります)

これによりボードの綺麗さはもちろん、「もう一個いれたかったな・・・」とあきらめていたエフェクターを追加する。なんてことも可能になるわけです!

それっぽく組んでみました
画像
画像
隙間なく詰めればBOSSのコンパクトエフェクターぐらいなら10個は入りそうですね!

以前ペダルトレインを使ってお客様のボードを作成した記事をご覧ください↓

気になるお値段・商品情報はコチラ!↓
https://www.shimamura.co.jp/shop/rinkuu/guitar-bass-ukulele/20171101/1060

エフェクターコーナーは入口正面に展示していますので是非見に来てください!
画像
画像

いかがでしたでしょうか?
今回はペダルトレインのボードを紹介させて頂きました!

これまでのエフェクターボードではできないような配置が出来ますので、「今のボード汚くなってきたなー」「もう少し配線も綺麗にしたいなー」などのお悩みがある方は是非、担当日髙(ひだか)までご相談ください!!

りんくうアウトレット店ではエフェクタボード作成のご相談も受けております!ご相談のある方は使用される機材の数ボードの寸法などを控えていただき、担当日髙(ひだか)までご連絡下さい!

皆様のご来店お待ちしております!

この記事を書いたのは↓

店舗名 TEL 担当
りんくうアウトレット店 072-458-4631 日髙(ひだか)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。