トリートメントを施した弦張ってみました!

こんにちは!

先日、チケットを入れている箱から半券にさえなっていないチケットを発見しました。
ちゃんと取ったチケットは半券にしてあげようと反省しました。
これがなかなか難しい・・・来年の目標ですね・・・

ところで最近出たこちらご存知ですか?
画像

アコースティックギター用(フォスファーブロンズ / 80/20ブロンズ)
エレキギター用(ニッケル)
エレキベース用(4弦、5弦ともにニッケル)

コーティング弦なのですが、従来のコーティング弦とは異なるトリートメント加工
イオン蒸気プロセスと呼ばれる技術を用い垢・汚れ・サビに強い耐久性を誇ります。
トリートメント層は非常に薄く、ノンコーティング弦と同様の質感を維持しています。
同時に加工弦特有の弦アース不足を改善しています。

なんだかよくわからねえ・・・

と言うことでとりあえず張ってみました。

アコースティックギター

画像

中身はこんな感じ。
画像
弦と簡単な説明がついています。

画像
説明にもありますが、まず気になる赤いやつ。

なんだこれは。
と思いながら弦の巻をほどきます。

画像
クセがつかない!!!!!!!!!

ギターの弦って巻をほどいた後もぐるぐるクセがついていて交換しづらい!!
なんて経験ないですか?
この赤いのがあるおかげ(多分)でそのストレスから解放されます!!!!!

そのまま弦交換を進めていく中で更に発見しました!
大体の弦は 6・5 4・3 2・1 と一緒にぐるぐるされていると思いますが
岡田のような弦交換初心者は「どっちが1弦?」と言う謎に直面します。
これだと1~6まで分かれているので初心者さんでもわかりやすく弦交換ができます

このまま弦交換を進めること数十分。
完成しました!

画像

本日は栗田氏がおやすみなので日高氏に弾いてもらって感想も貰いました。

・1~3弦の音が綺麗に鳴る。
・少し硬いので指で弾くよりピック弾きやかき鳴らす人に向いている
・少し硬い分チューニングは安定しやすい
・弾きやすい

とのことでした。

エレキギター

調子に乗ってもう一本!
と言うことで青いCoolZをお借りし、エレキギターにも張ってみました。

画像

中身はアコースティックギター用と変わらないですね。
画像

画像
赤いのはエレキギター用にもついていました!
やっぱり弦はまっすぐおりてくれます。

いそいそぐるぐると弦を張り替えること数十分。
画像

完成しました!

なんだか忙しそうな日高氏を捕まえてこちらも弾いてもらいました

・高音が綺麗に伸びる
・弾きやすい
・やっぱり少し硬い
・チョーキングはやりやすい

とのことでした。

ありがとう、日高氏!!!

アコースティックギター用
エレキギター用
ベース(4弦、5弦)用
と全てりんくう店では揃えております。

気になるお値段は

よりご覧ください。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。