【ギターメンテナンス】大切な愛器をメンテナンスしましょう!

みなさんこんにちは!
ギターアクセサリー担当の栗田(くりた)です!

皆さんは普段、どんなメンテナンスをされていますか?
弦交換、クリーニングなどなどやる事が多すぎて時間がかかってしまう・・・
そんな時に便利なアイテムがたくさんあるんです!
今回はそんな悩めるギタリスト、ベーシストの皆さんにメンテナンスに必要なおすすめ商品を実際に店頭のギターのメンテナンスをしながらご紹介していきますね!

画像
画像

こちらが今回メンテナンスされるヘリテイジのH535。弦も錆びて指板も乾いてきてしまっています。
・・・これはまずい!何とかしなければ!!
ということでメンテ開始です!

まずは弦を外します。このときに便利に弦を外す道具・・・

画像

ストリングワインダー!!
これで手作業では面倒な弦を緩めたりする作業がくるくるっと回すだけで簡単になります!

画像
※写真撮影の都合上片手でやっていますがもう片方の手でしっかり弦を持ちましょう。

そしてストリングカッター!!
こちらは弦専用のニッパーです。普通のニッパーでは刃が弦に負けてしまい刃こぼれになってしまうので
要注意です!
ストリングカッターで弦を切ったらお次は指板のクリーニング。
フレットがくすんでしまっているのでまずはフレットを磨いていきたいと思います。
このときにオススメの道具が・・・

画像

フレット磨き用プレートスクラッチメンダー
プレートは磨き作業の時に指板に傷が入らないようにしてくれます!
スクラッチメンダーはギターの金属パーツ専用の磨き剤です!

画像

ティッシュにスクラッチメンダーを少量付けてフレットを磨いていきます。

画像

これでフレットはピカピカに!
お次は乾いた指板面に指板オイルを塗っていきましょう。

画像

指板にオイルを少量たらしてティッシュ等で拭いてあげます。
多少多くつけすぎてもティッシュでふき取れば大丈夫です!
汚れ等ひどい場合は使い古した歯ブラシにオイルをつけて木目に沿って軽くこすってあげればOK!

画像

これで指板もキレイになりました!
特にこれからの季節は乾燥しやすくなるのでしっかりとオイルで保湿してあげましょう。

次は弦を張っていきます。

画像

今回張る弦はDAddario NYXL1046

上記でご紹介した担当・栗田の超お勧め弦です!
では張っていきましょう。

画像

弦をはずすときと同じようにワインダーでくるくるっと。
このとき余った弦を写真のように巻いておけば邪魔にならずスムーズに弦交換を行えるのでオススメです!

画像

張り終えました。
余った弦をストリングカッターで切って最後に塗装部のクリーニングをしていきます!

画像

ここで使うのはポリッシュクロス2枚。
(クロス①はポリッシュをつける用、クロス②は最終仕上げ用)

まずはポリッシュから。
画像

クロスにポリッシュを少量とりギターの塗装部につけていきます。
そしてもう1枚のクロスで最終仕上げ!

画像

このときの仕上げのクロスはなるべく目が細かくクリーニング能力の高いものを選びましょう!
今回使用している仕上げクロスは

上記でご紹介したキョンセームクロスです。
ぜひぜひ一度お試し下さいね!

そして・・・
画像

これでクリーニングメンテナンスは終了です!
見違えるほどピカピカになりました!!

楽器との付き合いは長くなるものです。大事にしていても汚れには勝てません。
なのでしっかりと大事な楽器たちをクリーニングし気持ちよく音楽ライフを満喫しましょう!
今回はここまでです!

次回もお楽しみに!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。