【デジタル】関西でじたる空港からお届けします! 第19便 ~初めての制作~

アテンションプリーズ!!

今年の秋にやろうと思っていたことは何一つ出来ていない米町です。

以前ちらっとお話したことがあったかと思いますが、今年は映画の秋にしようと考えていました。

それが1本も鑑賞しないまま・・・・・。

きのこ狩りにも行きたかったのですが、1度も行かないまま・・・・・。

もう秋が終わろうとしています。

あくまで予定は未定ですね!!(笑)

さて!今回ご紹介するのはこちら!!

cakewalk / SD50

cakewalk / SD50

ハードウェア音源とソフトウェアが1つのパッケージになっています。

どういうことかといいますと・・・・・

まずハードウェア音源。 (SD-50)

SD50です。

そしてDAWソフトウェアのMUSIC CREATOR 5に・・・・・

MUSIC CREATOR 5

その他電源やUSBケーブルなど。

付属品です。

あとは分厚い説明書(笑)

こんなにあります。

分厚いです。

これらが全部で一つの商品となっているんです。

現在はソフトウェア音源が主流となっていますが、パソコンのスペックに依存せず動作が安定しているなど、ハードにも良いところがいっぱいあります。

SD-50はハードウェア音源以外にもオーディオ・インターフェース、MIDIインターフェース、ミュージック・プレーヤーを兼ねていますので、いろんな使い方ができます。

① まずは音源として。

専用のプリセットサウンドをはじめ、GM2/GS対応音色を含めた合計1,125音色/32ドラム・セットを内蔵しています。

また、「Violin」「Trombone」「Shakuhachi」の3つのスペシャルなソロ音色も内蔵されていて、その楽器特有の奏法を音で再現しています。

個人的には尺八の音をいつ使うのかが疑問だったりしますが・・・・・。

鳴らしてみると結構気持ちよく弾くことができます。

② 24bit/44.1kHzに対応したオーディオ・インターフェースとして。

マイク端子はファンタム電源に対応しているので、コンデンサー・マイクを使ったレコーディングが可能です。

もちろんギターの入力端子もあります。

1系統のMIDI IN / OUT端子も搭載していますので、MIDIキーボードや外部音源モジュールなどを接続するMIDIインターフェースとしても使うことができます。

MIDIコントローラー機能も装備していますので、本体の再生/停止ボタン、VALUEダイヤルを使って、MUSIC CREATOR 5の操作が可能です。これは長時間の作業にはかなり便利かと思います。

③ ミュージック・プレーヤーとして。

USBメモリー接続用の端子を装備しています。USBメモリー内のオーディオやMIDIデータの再生に対応していますので、パソコンと接続しなくてもミュージック・プレーヤーとして使用することができます。

オーディオ・ファイル再生時は、中央の音を消すことができるセンター・キャンセルや、キー/テンポの変更、可変スピード再生も可能。

制作だけでなく、自宅での楽器練習にも重宝しそうです。

必要な物は一通り揃っているので、初めての制作にはもってこいではないでしょうか。

おすすめです!!

商品の価格や在庫、その他詳細につきましては米町までお問い合わせくださいませ。(072-458-4631)

それではグッドラック!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。