【デジタル】関西でじたる空港からお届けします! 第15便 ~時代の流れに逆らって~

アテンションプリーズ!!

毎度おなじみ米町です。

最近はライブのリハーサルと本番の合間の空き時間の過ごし方について研究中です。

みなさまはどんな風に過ごされているのでしょうか?

私は基本的にカフェで過ごすパターンが多いのですが、飽きてきたんですよね(笑)

何か良い過ごし方があれば教えてください。

さて!今回ご紹介するのはこちら!

ZOOM/R24

ZOOM/R24

最近はPCでの楽曲制作が主流となっていますが、手軽に扱えるMTRもまだまだ人気です。

ところで!!MTRとはいったい何者なのでしょうか(笑)

初めての方に分かりやすいように少しだけ説明させていただきます。

MTR(エムティーアール)とは 『マルチ・トラック・レコーダー』の略です。

作曲した曲を多重録音するための機械ですね。

例えば多重録音ができないレコーダーを使って、バンドの配布用デモ音源を作るとします。

全員が一斉に録音する、一発録りという方法です。

ギターソロはすごくかっこよく演奏できたけど、ボーカルが何箇所か音を外してしまいました。

この場合は残念ながら全員で一からやり直しになってしまいます。

一回でミスなく録ることができれば早いのですが、なかなかそうはいかない・・・・

ミスを繰り返して時間が経つごとに、その場の空気が悪くなっていきます(笑)

今回ご紹介するR24は8トラック同時録音、24トラック同時再生のMTRです。

8トラック同時に録音できるので、バンドで一発録りも可能です。

ZOOM/R24

一発録りですがトラックをあらかじめ分けているので、ミスをしても一人だけやり直すことが可能です。

この方法だと全員が最高の演奏を残せて、場の空気が悪くなることもありません(笑)

R24は本格的なリズムマシンを装備しているので、ドラムさんがいなくても大丈夫です。

本格的です。

プリセットパターンが472種類もあり、それらを組み合わせるとドラムパートが簡単に出来上がります。

ドラムに人一倍こだわりがありまっせ!!という方にもおすすめ。

タッチセンス付きのドラムパッドを使って、オリジナルビートを最大511種類までプログラムすることができます。

叩きやすいです。

他にもサンプラー機能を搭載していたり、8イン/2アウトのオーディオ・インターフェースにもなったり・・・・・

いろいろ使い勝手が良さそうです。

USB端子。

USB2.0 Hi-Speed端子を搭載しているので、録音したものをスムーズにPCへ転送できます。

記録メディアにはSD/SDHCカードが採用されています。

見た目もこんなに薄くてコンパクト。

薄いっ!!

重量も1.3kgと軽量です。

付属のACアダプタ、または単3アルカリ電池6本で駆動する2WAY電源方式を採用しています。

単3電池6本で動きます

これならスタジオでもどこでもサクッと持っていけますよね。

PCの操作が苦手な方。

作曲を始めたばかりの方。

手軽にクオリティーの高い音源を作りたい方。

MTRデビューしてみませんか?

商品の価格や在庫、その他詳細につきましては米町までお問い合わせくださいませ。(072-458-4631)

グッドラック!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. Kanbatのギターやベースも仕入れて欲しいデジタルな仕事をしているアナログ人間 より:

    さすがにカセットテープのMTRはないよね。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。