【エレクトリック・ギター】 National / Resolectric

こんにちは、ギター担当の上林(かんばやし)です。
今回ご紹介するギターはいつものような店頭品ではなく、お客様からご注文頂いたギターなんですが、かなり珍しいんでお客様のご了承を得て紹介させて頂きます。
それがコレッ!

画像

画像

National / Resolectric

めっちゃカッコいい!!
つや消しの独特なカラー。
その名も”リボルバー・フィニッシュ”!
ん~、カッコいい(笑)

画像

リゾネーター・ギターで有名なナショナルですが、個人的にはアコギの印象が強く、エレキが出ているのは知りませんでした(汗)
それもそのはず、国内ではほんの数本あるかないかと言う状況。
今回ご注文頂いたリボルバー・フィニッシュは代理店も在庫がなく、オーダーでの対応(汗)
待つこと数ヶ月…。
先日ようやく入荷→納品となりました!

ここでちょっとリゾネーター・ギターのご説明を…。

リゾネーター・ギターはギター中央部分にリゾネーターという共鳴板を持つ点が特徴のギター。
まだエレクトリック・ギターが普及する以前、ギターの音量をより大きくするために開発されました。
その当時はビック・バンドなどの影響で、アコースティック・ギターの音量をより大きくする為に、各メーカーが競って大きなボディーのアコースティック・ギターを出していました。
その流れはそれまでのオーケストラ・サイズよりも大きなジャンボやスーパー・ジャンボなどなど。
そしてそこへ、このリゾネーター!
登場時にはアコースティック・ギターとしては画期的なほどの大音量を奏でましたが…
しかしその後、エレクトリック・ギターが登場すると、だんだんと忘れ去られる存在となりました(泣)

画像

…という歴史のあるリゾネーター・ギター。
しかし、まさかエレキのリゾネーター・ギターが出るとは(汗)
本家ナショナル、やる事が違います。

画像

ではでは、このギターの詳細を。
ボディーはアフリカン・マホガニー。
中をくり貫き、中央部にリゾネーターを設置。

画像

ネックはホンジュラス・マホガニー。
肉厚があり、がっしりした印象。
ポジション・マークもひし形で個性的です。

画像

画像

PUはフロントがLollarのP90タイプ、リアがHighlanderのピエゾ・タイプを搭載。
ちなみにコントロール・ノブはフロントVo、リアVo、マスターVoの3ヴォリューム仕様です。

画像

そんなResolectric、気になるそのサウンドは!?
爪弾いてみると生音でも充分な音量。
そして独特のリバーブ。
このギターでしか出せない唯一無比のサウンド。
私はスライドが弾けないので、納品時お客様にチェックを兼ねて試奏して頂いたんですが、自分がイメージしているスライド・ギターの音がまんま出てる(驚)
思わず聴き入ってしまいました(笑)
さすがナショナル!
凄いの一言です(汗)

画像

以上となります。
今回は番外編的にお客様のオーダー品のご紹介だったのですが、りんくう店では随時お客さまからのご注文、お問い合わせをお待ちしております!
また商品の詳細、価格に関してのお問い合わせやご来店の際は、担当/上林(かんばやし)までお問い合わせ下さい。(072-458-4631
お待ちしております。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. Kanbatのギターやベースも仕入れて欲しいデジタルな仕事をしているアナログ人間 より:

    明る~い ナ~ショ~ナ~ル♪
    明る~い ナ~ショ~ナ~ル♪
    みんな~♪ うちじゅ~♪
    な~んで~も~ ナショ~ナ~ル~♪

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。