【エレクトリック・ギター】 クルーズ / OSG61

こんにちは。
木目を観ながら酒が呑める漢/上林(かんばやし)です。
皆さんお元気でしょうか?
今回は前回のラメラメのムスタングから一変、至極オーソドックスなギターのご紹介を。
今回はこちら↓

画像

画像

【エレクトリック・ギター】 クルーズ / OSG61

高品質な製品を比較的リーズナブルなプライスで提供しているクルーズ。
ベース・ユーザーの方には以前から馴染み深いメーカーでしたが、ギターでの今までの知名度は正直イマイチ(汗)
…でしたが、ここ数年かなりギターも力を入れていて、雑誌や店頭で御目にかかる機会も増えてきました。
で、今回はそのクルーズが自信を持って提供するのがこちらのSG(タイプ)になります。
メーカー・サイトを観てみると「オリジナルの61年モデルを入念にチェックし、再構築。フルコピー製品では絶対に味わえない「本物のSGらしさを」を得る事に成功」とあります。
…ホンマかいな?

ではでは早速詳細を追っていきましょう!

画像

ボディは木目の詰まった良材のアフリカン・マホガニーを仕様。
マホガニーでは珍しい(画像では分かり辛いですが)トラ目が細かく入っていて、思わず魅入ってしまいます(爆)
いやぁ美しいw

画像

ネックもマホガニー。伝統的なセット・ネック仕様。
ジョイント部はG社の初期SGのようなジョイント。
これだとハイ・ポジションまでラクに弾きこなせます。

画像

PUはクルーズ・オリジナルのハンドワインディングピックアップであるSAYTONEを搭載。
SGらしいタイトでソリッドなサウンドが印象的。
STのように細過ぎず、かと言ってLPのように太過ぎずで意外と使い勝手の良いサウンド。
歯切れ良く、且つ適度な太さがあるので、ソロからカッティングまでどんなフレーズもお手の物!
流石クルーズ!
言いきっていただけありました(汗)

画像

以上となります。
この機会に是非一度ご来店下さい!
また商品の詳細、価格に関してのお問い合わせやご来店の際は、担当/上林(かんばやし)までお問い合わせ下さい。(072-458-4631
お待ちしております。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. Kanbatのギターやベースも仕入れて欲しいデジタルな仕事をしているアナログ人間 より:

    木目を見ながらスピリタスのストレートを大ジョッキで一気飲みて、ほんま漢の中の漢やな!

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。