【アコースティックギター】りんくうアウトレット店『アコースティックギターの車窓から…』 VOL.6

ハイ!!またまた今回もやってまいりましたです!『アコースティックギターの車窓から...』第6駅目!担当の谷川でございます!
今日は本当に暑いですねぇ・・・。甲信越の方では6年ぶりに気温が40度を超えたとか。人間の体温を超える気温とかって、本当にありえませんよね・・・。皆さん、水分補給はまめにしましょうね!しかも普通のお水よりスポーツドリンク等の塩分が入っている方が熱中症になりにくいんですって!ただ飲みすぎるとお腹壊しちゃうので少しずつ飲んでく下さいね。

はい!今回は前フリが長かったですが、ハリキッて参りましょう! 今回第6駅目としましては!

こちらのギターでございます!!

CREWS-TOP

今回ご紹介させて頂きますのは「MADE IN JAPAN」クオリティーが光る粋なブランド・【CREWS(クルーズ)】でございます!!

CREWSギターは正式名称を【CREWS MANIAC SOUND】と呼び、吉岡喜久夫さんという方が代表取締役をされているブランドでございます!

CREWS-HEAD

ヘッドの部分のロゴがとても可愛らしいですよね!実際、女性の方からもすごく人気のあるブランドでもあります!

CREWS-SOUNDHOLE

サウンドホール内部もラベルがまたキュート!ちなみにTOP材はシトカ・スプルースの単板、SIDEとBACKにローズウッドを使用し、シャキっとした高音と安定感のある低音が気持ちいい、アルペジオやフィンガーピッキングで本領を発揮するギターでもあります!プリアンプの方はというと・・・

CREWS-PREAMP

搭載されたオリジナルデザインのRA-01プリアンプはボリューム、3バンドEQ、更にプリアンプ底面にマウントされたコンデンサーマイクのミックスボリュームであるAIRコントロールという、コンパクトでありながら非常にサウンドメイキングの幅が広い優れたプリアンプ。レコーディング、ステージ、そしてご自宅でも、環境を選ばず音楽を楽しめるお勧めの一本です!

さらに!最大の特徴といえばコレッ!

CREWS-SIDE

見て下さいこの薄さ!TOPとBACKに1000R程のアーチをかけた独特のデザインを持つこの楽器は、常に身体にフィットする「弾き心地」を持っています!正直・・・メチャクチャ弾きやすいです!

では今回のギター、型名は【ES1500C】と申しますが、気になるお値段はというと...

通常価格¥168,000-が・・・

TOPにちょいキズがある為、¥148,000- でご案内させて頂いております!

※アウトレット品のため1本限りとなっておりますので早い者勝ちです!

お買い求めの際はお電話で在庫の確認をオススメいたします!

何か分からないことがございましたら、島村楽器りんくうアウトレット店

アコースティックギター担当 谷川(たにがわ) まで気軽にお問い合わせ下さい。(072-458-4631)

また次週お会い致しましょう!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. Kanbatのギターやベースも仕入れて欲しいデジタルな仕事をしているアナログ人間 より:

    いいね!ボタンが消えてる!?
    最近弾かなくなったね。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。