【エレクトリック・ギター】 COMBAT / TYPE-G

皆さんこんにちは。ギター担当の上林(かんばやし)です。
早いものでまた1週間が経ちましたが、この時期は日に日に暑くなっていきますね(汗)
暑いのがからっきしダメな私は、日々早く秋になれと願うばかりです(切望)
そんなウダる暑さをふっトバすべく、(若干無理やりですが)今回も熱いギターを紹介します!
今回紹介するギターはこちら↓

画像

画像

COMBAT / TYPE-G

最近ネットや雑誌なんかでも話題のCOMBAT。
今回ご紹介するギターはそんなCOMBATのオリジナル・モデルです。
通常はカスタム・オーダーがメインの為、なかなか店頭でお目にかかる機会も少ないんですが、今回メーカーのチョイキズ品という事で入荷しました!

画像

P.R.Sのようなダブル・カッタウェイの24F仕様。
ボディ・トップは滑らかなカーブのついたフレイム・メイプル。
そしてボディ・バックはマホガニー。
ワインレッドのカラーと相まって、木目がとても美しく映える仕上げになっています。

画像

ネックもマホガニー。
ネックとボディはセットネックですが、滑らかなヒールレス処理でスルーネックのような仕上げ。
ハイポジションまで無理なく演奏出来ます。
またボディ・バックは深いコンター加工がされている為、持ってみた時のフィット感は良好です。

画像

PUはフロント&リアともにディマジオを搭載(フロントはPAF、リアはNorton)。
そのサウンドは粒立ちがしっかりしていて、フロント&リア共に1弦~6弦まで分離のいいサウンド。
レスポンスも良く、軽いタッチでもちゃんと鳴ってくれます。
また激しく歪ませても腰砕けにならないのはポイント高し!
弦高も低めのセッテイングの為、非常に弾きやすいです。

画像

以上となります。
この機会に是非一度ご来店下さい!
また商品の詳細、価格に関してのお問い合わせやご来店の際は、担当/上林(かんばやし)までお問い合わせ下さい。(072-458-4631)
お待ちしております。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. Kanbatのギターやベースも仕入れて欲しいデジタルな仕事をしているアナログ人間 より:

    これはマジでヤバい!いつまででも鳴り続ける。ボディにちょっとした振動を与えると、弦がその振動を拾って永遠に音が途切れない。フェ○ナンデスのフィードバックシステムは電池が切れたらおしまいやけど、これは鳴り続けるぞ。ちなみに○に入るのは『ラ』ではありません!!
    欲しいギターではあるけど、フロントとリアの音質差があまりないのと、トーンの効きが緩やかなのと、ボリュームの効きがき急激(Bカーブか?)なのが個人的には使い辛いんだよなぁ。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。