【アコースティックギター】りんくうアウトレット店『アコースティックギターの車窓から…』 VOL.3

ハイ!!またまたやってまいりました『アコースティックギターの車窓から...』第...3駅目!担当の谷川でございます。
本当に1週間経つのってめちゃめちゃ早いですねぇ...1日がせめて25時間あればあんなコトやこんなコトができるのに...と思っている今日この頃です。

では満を持して参りましょう!今回第3駅目としましては!

こちらのギターでございます!

larrivee-top

「...ん??普通のギターやないかい?!」とお思いの方がほとんどでしょう。今回のギター、ブランド名は【LARRIVEE(ラリヴィー)】と申します。

1971年カナダのトロント出身のクラフトマン、ジャン・ラリヴィーさんが立ち上げたアコースティックギターのブランドで、若い頃にヨーロッパ伝統のクラシックギターの制作技術を学び、そのノウハウをフルに活かし、なお且つ独自の手法を随所に取り入れたギターを製作したのが始まりでした。

larrivee-back

カナダ生まれのギターというだけありまして、カナダが名産の上質な『シトカ・スプルース(松の木)』を使用したギターが多く、また木目も本当に美しいギターがとても多いのも特徴です!

larrivee-soundhole

サウンドホール部分を撮って見ました。サドル・ナットはきちんと牛骨を使用し、素朴ながらも『木』が持つ本来の【やわらかい音】が五感に優しく伝わってくる...そんな『ピュア』なギターとなっております!そしてまたまたちょっとだけ弾いてみました!下手くそですが、よかったら見てやって下さい。

今回のギターですが、気になるお値段はというと...

通常価格¥151,200-が・・・

TOP割れ(完全に修正済)の跡・TOPにキズがある為¥88,000-でご案内させて頂いております!

※アウトレット品のため1本限りとなっておりますので早い者勝ちです!

お買い求めの際はお電話で在庫の確認をオススメいたします!

何か分からないことがございましたら、島村楽器りんくうアウトレット店

アコースティックギター担当谷川(たにがわ)まで気軽にお問い合わせ下さい。(072-458-4631)

ではまた次週お会い致しましょう!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. Kanbatのギターやベースも仕入れて欲しいデジタルな仕事をしているアナログ人間 より:

    一日が25時間あったら間違い無く睡眠時間が一時間増えるな。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。