【公演中止】2020年4月5日(日)滝千春 × 齋藤龍 ヴァイオリン&ピアノ デュオリサイタル 開催のご案内

公演中止のお知らせ
2020.3.6

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、本公演を中止(延期)することとしました。
ご出演の滝千春さん・齋藤龍さんとは引き続き協議の上、また改めて機会を設けさせて頂きたいと思います。
ご来場を予定されていた皆様には誠に申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

※尚、チケットの前売りは行っておりませんでしたので、本公演に関する払い戻しの対応はございません。

滝千春 × 齋藤龍 ヴァイオリン&ピアノ デュオリサイタル 開催のご案内

2020年4月5日(日)は、昨年秋の熱演が記憶に新しい実力派デュオが再登場です!
ヴァイオリニスト:滝千春さん、ピアニスト:齋藤龍さんによる、ベートーヴェン・プログラム。今回の4番と6番のヴァイオリンソナタを演奏して、オール・コンプリートとなるそうです。その瞬間に立ち会えること、大変光栄です。
お客様のご来場をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

2019年3月 横浜みなとみらいホールで行われたコンサートの様子

メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲ホ短調Op.64

コンサート詳細

場所  シマムラストリングス秋葉原 
2F 店舗特設会場にて 
日程  2020年4月5日(日) 
時間  開演: 14:00 (開場: 13:30) 
本公演は演奏・トーク合わせて1時間を予定しております。 
内容  ヴァイオリン・リサイタル
定員  35名様  
参加費  会員価格:¥3,000(税込) 
一般価格:¥3,500(税込) 
※島村楽器公式アプリのダウンロード&会員登録で会員価格でご案内可能です。
こちらよりご登録お願い致します。
年会費も無料です。
予約 本公演は中止となりました。

滝 千春 ヴァイオリン・リサイタル予定プログラム

PROGRAM
ベートヴェン / ヴァイオリン・ソナタ 第4番 イ短調 作品23
ベートーヴェン / ヴァイオリン・ソナタ 第6番 イ長調 作品30の1

※本公演は演奏・トーク合わせて1時間を予定しております。
演奏する曲目は当日予告なく変更になることもございます。予めご了承下さいませ。

Artist Profile

滝千春 Violin

■滝千春 Violin

5才よりヴァイオリンをはじめる。

桐朋女子高等学校音楽科を経て、チューリッヒ芸術大学卒業後、ハンス・アイスラー音楽大学ベルリンを卒業。上西玲子、辰巳明子、ザハール・ブロン、サシュコ・ガヴリーロフの各氏に師事。

2001年 ノヴォシビルスク国際ヴァイオリン・コンクール(ジュニア部門)第1位。
2002年 ユーディ・メニューイン国際コンクール(ジュニア部門)第1位。
2006年 ダヴィッド・オイストラフ国際ヴァイオリン・コンクール 第3位。
2002年 桐朋学園音楽部門創立50周年記念演奏会のソリストに抜擢され、サントリーホールにて小澤征爾指揮のもと演奏。
2008年 紀尾井ホールにて清水和音との共演でデビュー・リサイタルを行う。
高校在学中より本格的に音楽活動を開始し、ソロ・リサイタルをはじめ、各地主要オーケストラにおいて、ユベール・スダーン、ゲルト・アルブレヒト、飯森範親、大友直人、小林研一郎など、数多くの指揮者と共演した。2012年にはスイスのアニマート・オーケストラにコンサートミストレスとして招かれ、ウィーンのコンツェルトハウス、プラハのスメタナホールなどをはじめ、ヨーロッパ各地の著名なホールで好演。2015、2016年には、スイスのダボス国際音楽祭に招かれ、数多くのコンサートに参加。また、ベルリン・フィルハーモニーにて石川星太郎指揮/新ベルリン交響楽団と共演した。2015年~2017年ピクテ投信投資顧問株式会社のピクテ・パトロネージュ・プロジェクトのアーティストとして活動。2018年3月、デビュー10周年記念コンサートを開催し、オリジナルの「オール・プロコフィエフプログラム」は好評を博した。

2019年にはミュンヘン放送管弦楽団のコンサートミストレスを務め、6月にフランスのル・テュケで開催されたムジカ・ニゲラ音楽祭で行ったリサイタルで満場からスタンディングオベーションが送られた。
近年はチャリティ・コンサート、アウトリーチ活動にも力を入れており、音楽を通しての社会貢献や教育のあり方について向き合う活動の場を広げている。
優れた技術力と豊かな音楽性が高く評価されており、型にはまらず個性を生かした活動を意欲的に行なっている。

齋藤龍 Piano

■齋藤龍 Piano

3歳よりピアノをはじめる。

神奈川県立希望ヶ丘高等学校卒業後、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ科を同声会賞、日本ピアノ調律師協会賞を得て卒業、同大学大学院修士課程修了。チューリッヒ芸術大学大学院コンサートディプロム Konzert Diplomを最優秀で修了し、同大学大学院ソリストディプロム Solisten Diplom修了。

第16回ブラームス国際コンクール第3位及び審査員特別賞をはじめ受賞多数。友愛ドイツ歌曲コンクール最優秀共演者賞。
これまでにソリストとして神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団などのオーケストラと共演。
首都圏やヨーロッパでのリサイタルをはじめ、国内外の様々な音楽祭やコンサートにソロや室内楽で出演、演奏活動を精力的にしている。

ドイツ音楽、特にベートーヴェンやブラームスには定評があり、2011年から13年にかけてベートーヴェン・ピアノソナタ全曲プロジェクトを挙行。2014年には日本ベートーヴェンクライス主催コンサートに於いて師である迫昭嘉氏とピアノ2台による「第九」(リスト編)で共演、2016年にも再演し好評を博す。 2019年の3大ソナタ(悲愴・月光・熱情)によるリサイタルは好評を博し、今後最後の3つのソナタによるリサイタルを予定している。

現在ソリスト、室内楽奏者、伴奏者としてコンサートや音楽祭、舞台やメディアにおいても演奏の他に幼児、小中学生向けのアウトリーチコンサート等の活動も積極的にしている。

近年では公開講座、コンクール審査や東京藝術大学、沖縄県立芸術大学、洗足学園音楽大学において後進の指導にもあたっている。
全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員、日本ベートーヴェンクライス会員、横浜音楽文化協会会員。

2013年アルバム「Ryu Plays Schumann, Schumann, Brahms(FLCP21023)をリリース。(レコード芸術準特選盤)。


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。