【マイスター工房通信】弓スクリューの装飾修理について


みなさま、こんにちは。弦楽器修理担当の藤村です。今回は弓スクリューの装飾修理についてのお話しです。

弓スクリューの装飾修理について

スクリューとは弓を張ったり緩めたりする時に回すネジを指します。シンプルにシルバーのもの、黒檀や貝で装飾されているもの、とメーカーによってデザインや装飾の仕方は様々です。スクリューの下の部分には装飾があったりするものも。皆さまの弓はどんなデザインでしょうか?そして今回は〇囲み部分にあたる貝装飾が修理箇所です。この位置、普段あまり見ないので、知らない間に貝装飾が無くなっていた…という事があります。無くても演奏は出来ますが、せっかくの美しい装飾が無くなってしまうのは悲しいですよね!なくなるとぽっかりと穴が‥。

装飾が落下する原因は色々です。貝は手汗に弱く、また貝を受ける黒檀材・貝材とも天然素材なので多少は経年変化します。接着剤の問題も考えられます。今回修理する弓はオールド弓でしたので穴自体に劣化がありました。旋盤という機械で、この穴を真円に近づける作業から始めます。旋盤は被加工物の側を回転させて削るので、回転軸に対して対称に加工できます。古い弓なので慎重に、必要最小限の切削で穴を整えます。続いて貝のフィッティングです。少しずつ合わせていき、接着・研磨して完成です。

さいごに

弓は演奏の道具ですので、使用するうちさまざまな箇所で変化が起きてきます。今回の修理箇所はそれほど多いトラブルではありませんが、他にも気になる箇所、無くなったのでは?と思う箇所がございましたら、いつでもお気軽にご相談くださいませ!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。