【マイスター工房通信】新型あご当て≪シムレスト≫のご紹介

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、参加費・販売価格、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

こんにちは、弦楽器マイスターの茂木です。
今回はプロ奏者を中心に、いま話題の新しいスタイルのあご当てをご紹介したいと思います。

東京芸術大学と桐朋芸術短期大学の准教授で、バイオリニストの志村寿一先生が発案したスタイルで、私が依頼を受け製作をしている≪シムレスト≫です。
従来のあご先端部分を上から押し付けて楽器を固定するのではなく、あご当て材をあご骨の付け根部分に寄り添わして、楽器を無理なく支えるためのスタイルが生み出した革新的な形状になります。

その特徴

■ 肩当て無しでも楽器保持ができるようにデザイン

■ ピュアな響きと有利な振動特性を目指して、従来のお皿部分をカット

■ 楽器保持に関わる身体的負担低下を考慮

■ 楽器を構える首、頭、視線の自由度を広く取れる

■ 製作材木バリエーションがあり、楽器との音響特性から選択可能

■ チタン金具を採用、耐久性が向上、アレルギー対策対応

■ 新しいタイプの保護ニスにより長期耐久性向上

楽器を自然に保持するということを主な目的で発案されたあご当てですが、デザインと材木特性により従来のタイプよりもよく響く、音色も多彩との好評を頂いております。
発売後4か月で、約60個のシムレストをアマチュアの方々以外に、国内外のソリスト、オーケストラ奏者、音楽学校生にご愛用いただいております。
現在シマムラストリングス秋葉原でわたしが受注で製作しておりますので、お見せできる実物が切らしている場合もございます。
確実にご覧頂けるようにシムレストに関するお問い合わせは、下記メールまでお問い合わせください。

moteki@shimamura.co.jp

茂木まで

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。