【マイスター工房通信】弓の「チップ」のお話。

弓の「チップ」はとても大切なパーツです!

こんにちは。弦楽器修理を担当しています渡邉です!
まだまだ暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は、弓の先端に取付けられているパーツ「チップ」についてのお話です。
弓の先端には「チップ」という白いパーツが付いており、弓の先を保護する・・・という役割があります。

さらに、弓の毛は先端を木のくさびで止めているのですが、このくさびを「くさび穴」に入れる時は、ある程度きつめに押し込みます。その際、「くさび穴」が変形しないように、この「チップ」がガードしてくれるのです。

もしチップがなければ毛替えの度にくさび穴が変形し、弓が傷んでしまいます。
お使いの愛弓を長持ちさせる上で大切な「チップ」ですが、なかなか見逃しやすいところでもあります。


チップに使われる材料は?

チップの素材は、金属・貝・骨・プラスチック・木材等々。

↑左から、牛骨のプレート(写真左)、プラスチック製の白いプレート(写真中央)、黒檀シートと骨のプレートが重なったチップ(写真右)

牛骨

とても堅い材質ですので、丈夫で長持ちし、チップの材料には非常に適しています。

プラスチック

安価なため安い弓についていることが多いです。安さは当然魅力なのですが・・・やはり材質がやわらかいので、弓の保護やくさび穴の変形を防ぐという本来の目的からすると少し力不足と感じます。

象牙

↑ 150年以上前に製作されたオールド弓で装着されている象牙チップ(写真上)

昔の名弓、所謂オールド弓などには、今では規制されている象牙なども使われていました。
牛骨ほどではないですが硬さと、そして粘りのある材質です。現在はワシントン条約により輸入が規制されていますので、代替品として「マンモス象牙」が一般的に使われています。磨くと美しい艶が出るということもありまして、主に高級な弓に使用されることが多いです。希少品なだけに値段が高いという欠点もありますが、弓のチップとしては最良の素材です。

金属チップ

↑Christoph Schaefferが採用している金属チップ(写真上)
象牙の輸入規制によって、近年は金属チップを装着した弓が数多く見受けられるようになりました。
金属チップについては、当店では金属素材やその効果について検証を重ねてから、お取り扱いをスタートさせて頂く予定です。


そもそも、弓先のチップの役割とは?

①弓の先端をぶつけた際に棹本体へのダメージを軽減させる。
②束ねた毛先を弓先に開けられている穴に入れ楔で固定する際に棹にかかる圧を軽減させる。
③弓の重心を先端に持っていきたい。

・・・などなど、とても重要な役割を担っています。

チップに亀裂が入った弓

チップの剥れ

チップ剥れ

チップが一部剥がれている例です。この状態なら隙間から接着剤を流し込むことで簡単につけることが出来ます。

チップの先端が欠損

チップの先端欠損

先端が欠けていて弓の保護の役目を果たしていません。欠けてしまった場合交換が必要になります。

くさび穴の周辺に亀裂・欠損

くさび穴右上亀裂 くさび穴下真ん中亀裂

左側の写真はくさび穴の右上角から亀裂が入っています。右側の写真は普段毛で覆われて見えない場所ですが、めくると真ん中に亀裂が入っています。

お客様から毛替えだけお願いしますということでお預かりして点検すると・・・こうなっていることがあります。こうなってしまうとくさびを押し込む際、くさび穴が変形してしまうので、毛替えを行うことが出来ません。毛替えをするためにはまずチップの交換が必要になります。

弓のチップ修理価格表

チップ交換(チップ代込み)

種類 分数バイオリン 7/8~4/4バイオリン ビオラ チェロ
プラスチック ¥5,400 ¥7,500 ¥7,500 ¥9,100
牛骨 ¥12,600 ¥12,600 ¥12,600 ¥16,600
マンモス象牙 ¥16,000 ¥16,000 ¥16,100 ¥20,900

チップはどれもほとんど見た目は変わりませんが、機能面を見ると牛骨以上をぜひオススメ致します。

自分の弓に取付けられているチップが、「骨」なのか「プラスチック」なのか、一見すると見分けがつきにくいですが、骨は削ると表現し難い臭いを放ちます・・・(笑)
弓を安心して長くお使い頂く為にも、時々でいいので気にかけてみてくださいね。

Raffin氏直伝!弓先を守る為の小さな習慣。

もし、うっかり弓を落としてしまった時、弓の先端を下に向けたままですと先端から落ちてしまいます。

×弓先を下に向ける持ち方

○弓先を上に向ける持ち方

弓を持って移動する時は安全のため、ぜひ弓先を上に向けて移動されて下さい!


お問い合わせ

シマムラストリングス秋葉原

【アクセス】シマムラストリングス秋葉原への行き方

店舗名 シマムラストリングス秋葉原
電話番号 2F 店舗・音楽教室 TEL: 03-5298-5470 
3F バイオリンリペア工房 TEL: 03-5298-5490 
営業時間 2F 店舗・音楽教室 11:00 - 20:00
3F バイオリンリペア工房 11:00 - 19:30
火曜日定休(但し祝祭日の場合営業) 

地図

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

※HTMLは使用できません。