【コンサート】完全帰国記念!北端祥人・守重結加ピアノデュオコンサート開催のご案内

ベルリン芸術大学で研鑽を積まれたお二人の息の合った演奏をお楽しみください

コンサート概要
日時 2019年12月15日(日)開場:13時30分 開演:14時 
会場 埼玉ピアノセレクションセンター2階ショールーム
出演 北端祥人・守重結加(Pf)
料金 一般¥1,500(税込) 会員¥1,200(税込) 未就学児無料
プログラム

・J. S. バッハ(G. クルターク編曲):「神の時こそいと良き時」
・W. A. モーツァルト:二台のピアノのためのソナタ ニ長調 KV448
・C. ドビュッシー(H. デュティユー編曲):月の光(「ベルガマスク組曲」より)
・M. ラヴェル(V. グリャズノフ編曲):バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲  ・・・他


プロフィール

◯守重 結加 Yuka Morishige

東京都出身。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を卒業後、2011年にヤマハ音楽振興会留学奨学生として渡独し、ベルリン芸術大学ディプロム課程、同大学修士課程ソリスト科を経て、2019年に同大学修士課程室内楽科を修了。在学中はGisela und Erich Andreas-Stiftung(ハンブルク)、及びOttilie-Selbach-Redslob-Stiftung(ベルリン)の奨学生として研鑽を積みながら、ソリスト、室内楽奏者、歌曲伴奏者として日本各地、韓国、ドイツ、フランス、ポーランド、オランダ、オーストリアなどで演奏する。2018年3月、ベルリンフィルハーモニー・大ホールにて、Peter Aderhold氏指揮・Akademisches Orchester Berlinとパデレフスキのピアノ協奏曲をソリストとして共演し、好評を博す。2019年1月には同ホールにて、Michael Riedel氏指揮・Junges Ensamble Berlinとストラヴィンスキー「詩篇交響曲」、7月にはベルリン芸術大学コンサートホールにて、Neubrandenburger Philharmonieとストラヴィンスキー「火の鳥」のオーケストラ内ピアノ奏者を務める等、活動は多岐に渡る。同年8月、エイヴェレ国際音楽祭(タリン・エストニア)にソリストとして招聘され、ソロリサイタル及びガラコンサートに出演。また、2019年より、ヴァイオリニストのハインツ・シュンク氏(ベルリン・コンツェルトハウス・オーケストラのコンサートマスター、ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学教授などを歴任し、指揮者としても活動を行う)とデュオ活動を開始する。2016年、エドヴィン・フィッシャー国際ピアノアカデミーにて第1位を受賞し、ポツダムでのソロリサイタルに招聘される。2017年、ブゾーニ国際ピアノコンクール、サン・プリエスト国際ピアノコンクールにてセミファイナリストに選出され、ディプロマを受賞。その他、全日本学生音楽コンクール、宝塚ベガ音楽コンクール、東京ピアノコンクール、アルトゥール・シュナーベルピアノコンクール、ロベルタ・ガリナリ国際ピアノコンクール、ピアナーレ国際ピアノアカデミー&コンクール等、国内外のコンクールにおいて数多くの賞を受賞している。これまでにピアノを安孫子和子、故瀬尾真理子、加藤伸佳、小森谷泉、クラウス・ヘルヴィッヒ、室内楽を藤井一興、故佐藤公一郎、フランク-イモ・ツィヒナーの各氏に師事。

◯北端 祥人 Yoshito Kitabata

大阪府出身。2016年、第6回仙台国際音楽コンクール第3位のほか、第21回宝塚ベガ音楽コンクール第2位(2009年)、日本ショパンピアノコンクール第3位(2010年)、第7回神戸芸術センター記念ピアノコンクール第1位、リヨン国際ピアノコンクールセミファイナリストディプロマ(2015年)など、これまでに数多くの賞を受賞している。2018年、第9回リスト国際ピアノコンクール(ドイツ・ワイマール/バイロイト)においては、ドビュッシー作品の最も優れた解釈に対する特別賞を受賞した。京都市立芸術大学、同大学院を首席で修了後渡独し、ハノーファー音楽演劇大学、ベルリン芸術大学修士課程ソリスト科を経て、同大学室内楽科を修了。いずみホール(大阪)、秋篠音楽堂(奈良)、カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」(東京)など、日本各地でソロリサイタルを含む様々な演奏会に出演。近年ではスタインウェイハウス(ドイツ・ベルリン)、オーリヤック劇場(フランス・オーリヤック)などヨーロッパ各地でリサイタルを行うほか、オーストリア、ポーランド、ポルトガル、韓国などでソリストとして、また室内楽奏者として演奏活動を行う。2017年には仙台フィルハーモニー管弦楽団第309回定期演奏会にソリストとして出演、パスカル・ヴェロ氏とショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番を共演し、好評を博す。2018年、西本幸弘氏(仙台フィルハーモニー管弦楽団・九州交響楽団コンサートマスター)とのデュオリサイタル・ツアーを全国6都市で行う。2019年1月、Junges Ensemble Berlinとのプロジェクトに参加し、ベルリンフィルハーモニー大ホールにてストラヴィンスキーの「詩篇交響曲」を、3月には仙台フィルと再び共演(鈴木織衛氏指揮)し、バルトークのピアノ協奏曲第3番を演奏した。これまでに佐々木弘美、大川恵未、椋木裕子、上野真、マルクス・グローの各氏に師事。故カール・ハインツ・ケマーリンク、クラウス・シルデ、ケマル・ゲキチ、アンドレイ・ピサレフ、パーヴェル・ネルセシアン、マッティ・ラエカリオの各氏から、マスタークラス等において音楽的助言を受けている。日本ショパン協会正会員。

お申し込み方法は2通りございます。

お電話の場合 ご予約は0120-583-717までお問い合せください。
WEBからの場合 クラシカルコンサートお申込みフォーム
※WEBからのお申し込みの際は「2019年12月15日(日)北端祥人・守重結加ピアノデュオコンサート」を選択の上、お申し込みいただきますようお願い致します。
ご家族、ご友人をお誘い合せの上、皆様のお越しを心よりお待ちしております。


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。