「川﨑翔子アフタヌーンコンサート」開催のお知らせ

ドイツと日本を拠点にご活躍中の川﨑翔子さんによる演奏をお楽しみください!

ピアノセレクションセンターでは、クラシック音楽をより身近に感じ、有意義な午後のひと時をお過ごしいただきたく、アフタヌーンコンサートを開催しております♪

コンサート概要

日時 2019年6月9日(日
開場:15:30 開演:16:00
会場 島村楽器ピアノセレクションセンター2階ショールーム
出演 川﨑 翔子(Pf)
料金 一般¥1,500(税込) 会員¥1,200(税込) 未就学児無料

※当日13時~川﨑翔子さんのワンポイントアドバイス付き「コンクール前のピアノ演奏体験会!」を開催いたします。


プログラム

・ショパン:12の練習曲より
・ラヴェル:「鏡」より2.悲しい鳥 / 4.道化師の朝の歌
・リスト:ピアノ・ソナタロ短調


川﨑翔子プロフィール

精密かつ気品に溢れた演奏– Süddeutsche Zeitung (南ドイツ新聞)
並外れた日本人ピアニスト川﨑翔子は聴衆を熱狂の嵐へと誘った–DEWEZET

東京都出身。2011年にポッリーノ国際コンクールで優勝、イタリア地元紙などで絶賛され、コンクール優勝記念リサイタルは現地でテレビ放映される。その他、マッサローザ国際コンクール、Musikpreis des Kulturkreis Gasteig、安川加壽子記念コンクールをはじめとする国内外の数々のコンクールにおいて優勝、入賞。日本音楽コンクール入選。ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア、スペイン、ベルギー、スロバキア、ポーランド、アメリカ、キューバ、韓国でのオーケストラとの共演やリサイタル、音楽祭への出演、レクチャーなど各地で高い評価を得る。2016年、現代を代表するアメリカの作曲家スティーブ・ライヒの立会いのもと演奏した作品はドイツのARDバイエルン・ラジオ放送において放送される。主なCDに「クロイツァーの記憶」、「VISIONS I -Dream (夢幻)- 」(Studio N.A.T)。共に多くの新聞、音楽雑誌等で高い評価を得る。2013年、新進音楽家を顕彰するために設けられた「グラチア音楽賞」の第一号受賞者。東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業、同大学大学院修士課程を首席で修了、クロイツァー賞受賞。同大学院にて博士号を取得し博士課程修了。博士課程在籍中より渡独。ミュンヘン国立演劇大学修了。近年では、ドイツと日本各地において学校でのアウトリーチだけでなく、養護施設などでの福祉的な演奏活動も積極的に行なっている。G.ヘンレ出版社、G.Henle Verlagの楽譜アプリ「ヘンレ・ライブラリー」公式プロモーション・マネージャーに任命される。ミュンヘン国立音楽演劇大学、ルードヴィヒ・マキシミリアン国立大学(バイエルン州演劇アカデミー併設)にて後進の指導にあたりながら、日本とドイツを拠点に国際的に演奏活動を展開している。

お申し込み方法は2通りございます。

お電話の場合 ご予約は0120-583-717までお問い合せください。
WEBからの場合 クラシカルコンサートお申込みフォーム
※WEBからのお申し込みの際は「2019年6月9日(日)川﨑翔子アフタヌーンコンサート」を選択の上、お申し込みいただきますようお願い致します。
ご家族、ご友人をお誘い合せの上、皆様のお越しを心よりお待ちしております。


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。