【コンサート】2018年12月16日(日)西本夏生クリスマス スペシャル コンサート開催!

心温まるロマンティックな名曲を西本夏生さんのピアノでお楽しみください♪


西本夏生 プロフィール

早稲田大学、東京藝術大学大学院修士課程を経て、スペインに渡西。カタルーニャ高等音楽院(ESMUC)修士課程、カステジョン高等音楽院修士課程を修了した。第1回サン・ジョヴァンニ・テアッティーノ国際ピアノコンクール(イタリア)第1位、第6回カンピージョス国際ピアノコンクール(スペイン)第2位、2015年マルタ国際ピアノコンクール第2位(マルタ)、第13回スペイン人作曲家国際ピアノコンクール(スペイン)第3位、第15回ホセ・ロカ国際ピアノコンクール(スペイン)第3位、第27回フェロール市国際ピアノコンクール(スペイン)スペイン音楽賞などを初めとして、数多くの賞を受賞。日本でも人気の高い現代のロシア人作曲家ニコライ・カプースチン自身と直接に交流をもつ数少ない日本人ピアニストの一人として国際的に知られる。2012年にはカプースチン本人より2曲のピアノデュオ曲「Three for two op.145」「Capriccio op.146」が献呈され、2014年4月4日に世界初演を果たす。2017年にはサルバドール・ブロトンズ指揮、バルセロナ市ウィンドオーケストラとの共演でカプースチン「ピアノ協奏曲第6番」のヨーロッパ初演をスペインにて果たした。2018年1月には作曲家千住明氏が音楽監督を務めた「蜜蜂と遠雷~リーディング・オーケストラコンサート~」にピアニストとして参加し好評を博した。また、2018年4月にはドビュッシー没後100年を記念してリリースされたピアニスト・文筆家の青柳いづみこ氏企画・監修のアルバム「クロード・ドビュッシーの墓」に参加し、「レコード芸術」誌にて特選盤に選出された。これまでにÇukurova State交響楽団(トルコ)、バルセロナ市ウインドオーケストラ、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団等数々のオーケストラとの共演を重ねる。
現在は東京に拠点を置き、国内外にてソロ・室内楽など多岐に渡って演奏活動を行っている。
白梅学園大学・短期大学非常勤講師。北海道出身。


当日のコンサートプログラム 

プログラム ・ガーシュイン: I got rhythm
・ハーライン:星に願いを
・ポンセ:演奏会用メモタルフォーゼ「小さな星」
・リスト:愛の夢
・ガーシュイン:ラプソディインブルー(ピアノソロ版)

この他、街中で流れているクリスマスの名曲をたっぷりお届けします♪
どうぞご期待ください。

コンサート概要

日時 2018年12月16日(日)
開場:13:30
開演:14:00
会場 島村楽器ピアノセレクションセンター
2階ショールーム
出演 西本 夏生
料金 一般¥1,500(税込)
会員¥1,200(税込)
学生¥500(税込)

お申し込み方法は2通りございます。

お電話の場合 ご予約は0120-583-717までお問い合せください。
WEBからの場合 クラシカルコンサートお申込みフォーム※WEBからのお申し込みの際は「2018年12月16日(日)西本夏生 クリスマススペシャルコンサート」を選択の上、お申し込みいただきますようお願い致します。ご家族、ご友人をお誘いの合せの上、皆様のお越しを心よりお待ちしております。


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。