【工房作業風景】金属磨き(グランドピアノのキャスター)

皆さん こんにちは!

今回はピアノ金属を綺麗に磨いてみます。


重いピアノを支えているキャスターです

いざ作業開始!

錆びてしまったキャスターの作業前の様子です。

キャスターやペダル、さまざまなピアノの部品に使用されている真鍮は酸化して「緑青」で表面が青緑色になってしまう事があります。

このように錆が発生した場合、交換・錆を落とす等の選択肢があります。

今回は錆落とし剤を塗ってスチールウールを使って丁寧に磨いていきましょう。

途中経過…

下の画像はメンテナンス途中の様子です。

スチールウールでも錆が落ちない場合は化学薬品を使う事もあります。

キレイにキレイに...キレイになあああれ!

作業完了!

綺麗に錆がとれました。

今回の作業風景を動画で撮影しました!

キャスターはピアノ本体をお預りしての作業となりますが、その他の金属はほぼ全て磨くことができますので、調律の際に気になる箇所がございましたら担当調律師さんに聞いてみてはいかがでしょうか。

では!また次回!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。