【工房作業風景】ザウターを調整しました!

皆さんこんにちは!

暑い日が続いてますね。

今回はザウターピアノの調整風景を少しだけ覗いてみましょう!

皆さんはザウターピアノをご存知でしょうか。

なんとザウターの創業年は1819年!実は他のピアノメーカーに比べて最も古く歴史のあるピアノメーカーなのです!

島村楽器では1997年より販売を開始し、現在では当社のみで取り扱いをしています。

とことんドイツ製にこだわった、とても素敵なピアノばかりなんですよ。

それでは、早速覗いてみましょう。

UP122Barockという機種です。

バロックという言葉が入っていますが、その名の通りバロック調の飾りや彫刻がついています。すごくお洒落ですね!

蓋をあけるとこんな感じです!

では、実際に調整をしていきますよ!

これは、鍵盤の調整をしているところです。

専用の工具で鍵盤の動きがスムーズになるように88鍵全て調整します。

次に、ネジ締めをします!

こちらはピアノの中のアクションを裏から見た写真です。

ネジがいっぱい付いていますね!

写真に写っているネジはほんの一部なのですが、このネジたちを全部増し締めします。緩んでいたら大変ですからね!

そして調律です!

この風景は皆さん見たことがあるのではないでしょうか。

今回は調整の様子をほんの少しだけご紹介致しました!

少しでもザウターピアノについて皆さんに興味を持っていただけたら幸いです。

島村楽器のピアノセレクションセンターにも展示しておりますので、是非見にいらしてくださいね。

それでは!また次回もよろしくお願いします!!


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。