【工房作業風景】お客様のピアノをお預かり修理しました!~G3B編~

皆さんこんにちは!

グランドピアノG3Bをお客様のご自宅から埼玉ピアノ工房へご移動し、お預かりをして修理を行いましたのでその模様をご紹介致します!

長年弾いておられたことでハンマーやクロス等のパーツも大きく消耗して、たくさんの修理となりましたので工房へお入れしての作業となりました。


全弦張弦

まず修理前の状態を見てみましょう。

ホコリ等で汚れがこびりついてしまっていますね。

音も、弦が劣化してしまっているため伸びがない状態です。

ここから弦を外して、掃除をし、弦を張り終えるとこうなります。

劇的な変化ですよね…!!

また、弦の上にのっかっている黒いパーツ「ダンパー」(黄色い四角部分)のフェルト等も交換しました。


金属磨き

続いては金属磨きです。

下の写真は鍵盤の下にある「キーピン」と呼ばれる金属です。

この金属がさびてしまうと摩擦が生じてしまい、鍵盤がスムーズに運動できなくなってします。

一生懸命磨きます。

ツルツルピカピカになりました。


鍵盤修理

下の写真は「ブッシングクロス」と呼ばれる、先程の「キーピン」が触れる箇所になります。

こちらも消耗していたので交換します。

修理前がコチラ

修理後です


アクション等の修理 ~レギュレチングボタンクロス交換~

ピアノのアクション内部に「レギュレチングボタン」という箇所があるのですが、そのクロスも交換していきます。

はがします。

貼ります。


アクション等の修理 ~サポートヒールクロス交換~

アクションのかなり下層部分にあります「サポートヒールクロス」ですが、普段アクションをピアノの中から引き出してもめったにお目にかかることのない部分でもあります。

この部分も消耗してきてしまうので交換しようと思います。

パーツを取り外します。

交換し、アクション本体に取り付けます。


他にも消耗している細かなパーツや、ハンマーを交換しました。

ここから調整や調律を繰り返し行い、音を整える整音、外装をクリーニングしまして作業完了、お客様宅に納品させていただきました。

お使いのピアノの音に愛着を持っていらっしゃるお客様でしたので、その音に少しでも近づけられるよう尽力致しました。

お客様にもご満足いただけ、私共もお役に立てたことを嬉しく思っております。

ご依頼いただきまして誠にありがとうございました。


お預かり修理の一部をご紹介させていただきました。

ご自宅のピアノで気になる点、修理してまた弾きたい等、是非お問合せください!


ピアノの修理について

近年、「引っ越しに合わせてピアノを綺麗にしたい」「子供のころに使っていたピアノを直して演奏したい」「ずっと調律していないピアノを子供のレッスンで使いたい」等のご相談を多数頂いております。どのくらいの費用がかかるのか?本当に直るのか?等、ご不安な点はどんな事でもご相談ください。弊社にはピアノ内部の修理・調整専門スタッフ、ピアノ外装修理専門スタッフ含め、多数の調律師が在籍しておりますので、お客様一人一人のご希望に沿った修理プランをご提案させていただきます。また、お預かり修理作業中は勿論、いつでも工房見学も可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。

料金などの詳細は以下のページでご覧いただけます。

ピアノの調律・修理・クリーニングの事ならお任せ下さい!【島村楽器 埼玉ピアノ工房】 - ピアノセレクションセンター 店舗情報-島村楽器

お問合せ

ピアノ修理のご相談は下記リンクよりご連絡下さい。(販売・運送のご相談も承ります)

※埼玉工房でのお預かり修理をご希望のお客様は、お問合せ詳細欄に【埼玉工房宛】とご記入いただければ、東京都・千葉・埼玉・神奈川県内にピアノをご所有のお客様に限り、無償でご所有ピアノの状態を診断させていただきます。


店舗名 島村楽器 埼玉ピアノ工房
メール ピアノコンシェルジュお問い合わせフォーム
電話番号 0120-583-717
アクセス 埼玉ピアノ工房MAP

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

※HTMLは使用できません。