管楽器リペアブログ 日々の修理、メンテナンスを綴っていきます。  皐月編②

皆様こんにちは!

太田店リペアマン石井です。早いもので五月も終盤ですね。

さて今回は非常に多い修理の1つなのですが、
サックスネックのキイタンポが浮いてしまう事があります。
低音が全くでないので悲しくなります、、、
(組み立てると症状が出ます)
画像
原因としてキイ曲がりが挙げられます。差仕込む際に強くキイを握ってしまう事が原因であることが多いです。
それではなぜ、強く握ってしまうのか、、?そこに原因が潜んでいることもあります。
それは【ジョイントするのが固い!】という事が多く見受けられます。
ジョイント部は見て頂くと分かりますが、ラッカー塗装されてません!
画像
無垢の真鍮なので、細かな錆や汚れが付きやすいのです。
吹き上げる際にジョイント部をあまり意識していない方も多いかもしれませんが、
しっかり拭き上げて綺麗にしておきましょう。

お悩みありましたらご気軽にご相談ください。

前回の記事↓↓

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。