こんな楽器もあるの?!可愛いサイズのポケットトランペット!【理紗子のちょっと気になるそこんとこ!Vol.24】

こんにちは!
富田理紗子です!!!
サッカー決勝トーナメント進出ですね!
わくわくしますね~♪
画像
というわけで(?)、今回は、そんな応援にも使える楽器をご紹介いたします!

その名も、ポケットトランペット!
冒頭で管楽器担当岡田と私富田が持っている楽器なのですが…。
普通のトランペットよりも小さくなった可愛いトランペットなんです♪
音階は同じで、よりコンパクトにしたサイズなのです!
今回は、そんなポケットトランペットが、展示品1台限りでの特別価格になるという事で!
管楽器担当:岡田が綺麗にお掃除をしていたので、その様子を撮らせてもらいました!

お掃除は隅の隅まで!バラバラにするとこんな感じ!

画像
本体部分と…
画像
各パーツに分かれます!
もっと細かく分かれるのですが、今回は、ここまでの解体できれいしますよ~!

経年で劣化するコルクの交換!

ウォーターキーと呼ばれる写真の黄色く囲んだ部分に取り付けられているコルクを交換します!
画像
いわゆる水抜きの部分で、経年で劣化するものなので、全体メンテナンスの際にも
交換することが多いパーツのようです!
実際に自分で取り換えも出来るみたいですが、
専門のスタッフにお任せいただくのがイチバンだと思いますよ!
止まっているネジをはずして…
画像
ネジとキーとバネのパーツを取り外します!
画像
本体はこんな感じ!
画像
下に同じパーツがついているので、比較しやすいですね!
キーについたコルクには、深い円の跡が残っていますが、
これは「轍」というそうで、しっかり本体の穴を塞ぐために付けているようです!
新品のコルクと比べるとこんな感じでの違いが!
画像
この新しいコルクにも轍をつけるみたいです!
とりあえず、古いコルクをキーから外して…。
画像
画像
接着剤で新しいコルクを取り付けます!
楽器によっては、専用の粘着剤があるようなので、やはり専門スタッフに任せるのがイチバンですね!
画像
画像
古いコルクをきれいに取ったキーはわざと傷をつけます。
画像
これは、接着剤がつきやすいようにわざとつけるみたいです!
新しいコルクとキーにそれぞれ薄く、まんべんなく接着剤をつけて…
画像
圧着!!!
画像
コルクとキーがしっかりつくように強い力で押さえます!
ここを緩くしてしまうと、ぽろっと取れる危険があるので、圧着はしっかり目に!
画像
あとは、バネとネジを使って、元のように戻せば…。
画像
画像
画像
完成!
画像
もう一つも交換して、両方新しいコルクにします!

全体の汚れを拭きまーす!

両方交換が出来れば、次は、各パーツと本体の拭きあげ!
画像
画像
ピストンやボトムキャップを綿棒やガーゼを使って拭き上げていきます!
綿棒がこんな感じになるほど、汚れが付着することがあるんですよ~!
画像
本体は、クリーニングロッドにガーゼを巻き付けて出し入れをすると中身が綺麗に!
画像
画像
抜き差し管にはグリスを塗って…
画像
ピストンはバルブオイルをさして…
画像
全部戻したら完成!!!
画像
ベルの彫刻も輝いてますね!
画像

というわけで、早速!

今回のちょっと気になるそこんとこ!

このパーツの役割は???

今回のポケットトランペットにもついているこのパーツ。
画像
真ん中の赤いボッチがわかりますか?
これ、なんのためにあると思います???
パーツだけで見るとこんな感じ。
画像
このボッチ、名前が「カニメ」と言うそうです。
英語では「ニップル」と言います。
何かというと…。

抜き差し管を取りやすくするためのパーツ。

だそうです!!!
日本語の「カニメ」はカニの目に似ているから、ということからきているみたいです!
面白いですよね~♪
一つ勉強になりました!

では、今回はここまで!
ちなみに、このポケットトランペットお値打ちになりますよ~と
冒頭でお伝えしましたが、な、な、なんと!
20%OFF!!!
通常¥35,640→¥28,512
今からのシーズン、アウトドアなどにも持っていけるお手軽楽器です♪
お得な今、ぜひお求めください~♪
ではまた!
次回をお楽しみに~♪

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。