【管楽器】金管楽器のマウスピース選び

こんにちは!管楽器担当の岡田です!
木管編に続き金管楽器のマウスピースの選び方をご紹介します♪
私は中学生で入部し、ユーフォを始めたときには先輩に勧められるがままヤマハの48S 。最初は細管でした。
その後シルキーやらバックやらベストブラスやら試しますが今でもメインで使っているのはティルツで、
なんだかんだカップもリム内径も中庸なもの(いわゆる普通・・・)です・・・(笑)

しかしマウスピースってメーカーも多ければ種類も多い・・・
どう選べば良いんだーーーーー!!!!
と思っているの金管奏者は多いはず・・・!そうですよね!わかります!!
かく言う私もいまだにマウスピース難民です。
リガチャーやリードも変えられる木管楽器と違い、金管楽器はマウスピース一つがすべて!
とっっっっっても大切な部分です。それ故に悩むのですが・・・・
少し選択肢が狭められる方法をお伝えしていきたいと思います!

マウスピース選びのポイント!

今より改善したいところを見つけよう

マウスピースってたくさんのメーカーからたくさんの種類が出ていて、全部試奏なんてとてもできませんよね・・・
まずは絞り込んでいくところから始めましょう♪
今よりどうしたいのかを明確にしていくと分かりやすいです。

もっと高音域・低音域を楽にだしたい!
柔らかな音色にしたい
JAZZに向いた音色にしたい
響きや音量を上げたい

などなど・・・・
明確になければ、今どんなジャンルの曲をしているか、とにかく吹きやすくしたい、などでもOKですよ!

金管楽器の場合

材質

木管楽器はいろんな材質のものが出ていますが、
金管楽器はほとんどが楽器本体と同じく真鍮製です。
その上から銀メッキ、金メッキを施してあります。
最近では金属アレルギーの方向けのコーティングをしてあるものも出ているようです!
また、練習用としてプラスチック製のものも出ていますが、
楽器につけて演奏する場合は金属製のものがベターです♪

リムのこと

画像
唇をつける部分を「リム」といいます。
厚さ(リム厚さ)や曲がっている角度(リムカンター)、カップへの入り角度(リムバイト)など細かくありますが
とにかくコントロールや疲れ方を大きく左右している部分なので
まずは唇をつけて違和感がない事、リップスラーなどをしてみてコントロールのしやすさなどをチェックしてみてください!
ちなみにリムを金メッキにすると、より唇が滑りやすくコントロールしやすくなります!(あとから金メッキにもできます)

カップ・スロートのこと

画像
メーカーのカタログなどで表記が多いのは「カップ」
カップは息の入る量と関係していて、リム内径と同じく高音域・低音域の出やすさで選ぶ方も多い部分です。
また、個人差はありますが息がたくさん入る人はカップが深いほうが音にしっかり深みがでますし、
息の量が少なめの方は浅い方が楽にふけるかもしれません!
あとは音量にも大きく影響しているので、「もっと大きく!!」とよく注意されてしまう方はカップを見直すのもありです!
形状などもたくさんあるので、半音階はモチロン、高い音や低い音が一発で当たるかどうかなどもチェックしてみてください。

「スロート」は「喉」という意味ですが、その名の通りマウスピースの喉にあたる部分で
息の通り道で一番細いので抵抗と関係があり、細いと抵抗が強くなり、太いと楽に息が入ります。
音が詰まりやすい人は、スロート径が太めの物の方が出やすいかもですよ!

シャンクのこと

「シャンク」とは楽器に入れる部分の事です。
大体の楽器は互換性があるため、どのメーカーのどういうマウスピースでも使うことができますが
ホルンは「アメリカンシャンク」と「ヨーロピアンシャンク」と種類があり、お互い違うものは使えません。
また、トロンボーンとユーフォニアムにも「細管」と「太管」があります。
これもシャンクの太さが違うため、逆では使えません。

購入の際は自分の楽器のシャンクを確認してください!
(わからない場合は楽器の型番でもお調べできます。メーカーと型番をスタッフに伝えてください)

マウスピースを選ぶ時の注意

まずは何より、試奏です!!

やっぱり吹いてみないと自分に合ったものかわからないですよね・・・
展示している全てのマウスピ―スを試奏していただけますので、お気軽にお問い合わせください!

試奏の際はなるべく自分の楽器を使いましょう♪

当店でもマウスピース選びの際楽器をお貸出しできますが、楽器には個性や癖があります。
それぞれの楽器にあったマウスピースを選ぶ、という事も大切なので出来る限り楽器はお持ちくださいね!

選定もできます!

マウスピースも楽器と同じように個体差があります。
メタルマウスピースは特に個体差が激しいものもあります・・・
何本かご用意しているものもございますのでスタッフまで「選定希望」と伝えてください!

「高音域が出やすいだけ」のマウスピースはNG!

高音域が極端に出しやすいマウスピースはカップが浅く、ほかの音域がとても出しづらい事があります。
また、無理に出そうと唇を押し付けるなどの変な癖がついてしまう事もあります!
高音域も大切ですが、そのせいで音がスカスカになってないか、他の音域を殺してしまっていないか
確認をしながら選んでくださいね♪

良いマウスピースが見つかったら・・・・

せっかくいいマウスピースにめぐり合えても凹んだりすることがあります。
ケースの中に入れるときも出来るだけマウスピースポーチに入れて保管をしてください♪
使用後はそのままだと汚れがたまるだけでなく、メッキがはがれたり、唾液の酸で表面がぼこぼこになってしまいます。
演奏後は水洗いか、マウスピースクリーナーで綺麗にしてから片付けてくださいね!
また、シャンクが凹んでしまうことが良くありますが、そのままにしていると息もれをして
本来のパフォーマンスを発揮できないことがあります。
修理で治すことができますのでお早めにご相談ください!

お問合せ

マウスピース選び悩んでいる・・・という方、専門スタッフがお手伝いさせて頂きます!!
お気軽にご相談ください!
一緒にピッタリのマウスピースを探しましょう♪

担当スタッフ

大高店の管楽器担当をしている岡田です!
あなたの音楽生活を全力サポートさせていただきます!!
また、無料点検も行っておりますので何かいつもと楽器の様子が違う・・・というときはお持ちください!

画像

岡田 美弥子(おかだ みやこ)

島村楽器認定管楽器シニアアドバイザーです♪
出身は広島県です!中学・高校と吹奏楽部に所属、6年間ユーフォニアムを担当し、高校ではマーチングの大会で中国大会にも出場しました。
卒業後何か管楽器に関わる仕事がしたいと考え、中部楽器技術専門学校管楽器リペア科で
管楽器の修理について学び、大高店では管楽器を担当しています。
楽器やマウスピース選びのお手伝いはもちろん、最近吹きずらいなどの修理・調整のご相談もぜひお待ちしています!
管楽器のことならなんでもお気軽にお問合せください!

お問合せ

店舗名 島村楽器 イオンモール大高店
担当 岡田
電話番号 052-629-5101

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。