トランペットって解体するとこんな感じに!【理紗子のちょっと気になるそこんとこ!vol.5】

こんにちは!
髪を切って幼くなりました!富田理紗子です!
今日は、同い年で頼れる美人管楽器担当の岡田さんと一緒に撮影してます!

画像

前回のヤマハ新作発表会のレポート見ていただけましたか?
新作の店頭導入はまだもう少し先になりそうですが、
新しい情報が入り次第、ご報告しますので、
もう少しお待ちくださいね!!!

今回は、一緒に写真に写ってくれた岡田さんが、
トランペットの解体をしていたので、
その様子を見させてもらいました!

解体しているトランペットはこれ!
画像
BRILLER Glitter S です!
当社オリジナルブランドのトランペットで、
これから趣味で始める方にはオススメのトランペットです!

実は、解体して、お手入れをしていたのですが、
お手入れの写真は撮れなかったので、
今回は解体されたパーツや組み立てをご覧いただきます!
またの機会に、お手入れの方法はやりますね!

画像
真剣にトランペットの解体を進める岡田さん…。
彼女は管楽器が大好きなので、こうして管楽器に触れてる時間が
楽しくて生き生きしちゃうみたいです!
かわいいなぁ…。

細かくパーツを出してもらいました!
本体から外せるパーツとして出てきたのがこれ!
画像
左から、ピストン3本(3本目はピストンをさらに解体してもらいました)、
主管抜差管、第一抜差管です!
そして、本体がこちら!
画像
穴が開いていたり、管が途中で抜けていたり、
当たり前ですけど、なんか不思議な形ですね!
でも、ベルがあるからトランペットだってなんとなくわかりますよね!

そして組み立ててもらいます!
まず第一抜差管を入れて、その次に主管抜差管を入れます。
画像
画像
上手く入らない場合は、グリスを塗るといいらしいですよ!
今回は、お手入れ後だったこともあり、
簡単にするすると入っていきました!

そしてピストンを組み立てて本体に取り付けます。
画像
バネ→筒状のパーツ→黒いフェルトのある円状のパーツ→色のついたパーツ
の順番にはめていくみたいです!
そうすると、出来上がったものがこちら!
画像
これを本体に取り付けて…
画像
三本とも装着したのがこちら!
画像
良く知っている見た目になりましたね!

本体の写真を撮りたい!といったところ、
クロスで丁寧に拭いてくれています。
画像
管楽器は金属でできているものがほとんどなので、
磨きを掛ければかけるほどきれいに美しく光ります!

そして、磨き上げてもらったものがこちら!
画像
せっかくなので、あまり見ることのないベルの中や本体の裏側も見させてもらいました!
画像
画像
画像

さらに、メーカーのロゴもきれいに見えています!
画像

まだまだ細かいパーツまで分かれるのですが、
そこまで解体するといろいろと大変なので…。
また機会があればレポートさせていただきます!

ここで、恒例の!

今回のちょっと気になるそこんとこ!

トランペットは何で出来ているの?

画像
きらきら光るトランペット。
金色や銀色などきらびやかな色合いが目を引きますが、
素材は何で出来ているのでしょう?
金属!というのはもうお分かりかと思いますが…。
金属の中でも、真鍮(しんちゅう)と呼ばれる金属でできています。
これは、銅と亜鉛の合金。
実は、五円玉と同じ素材でできています!
画像
そこにさらにどんな塗装がのるかでお値段が変わり、音色も変わっていきます!
ゴールドラッカー・銀メッキ・アンラッカーなど…。
詳しく知りたい方や管楽器のことについて何かお悩みであれば、
ぜひ当店スタッフ岡田までお尋ねください!
当店の主な管楽器の在庫状況は下のリンクからご確認ください!

また、当店では音楽教室も行っております。
管楽器の教室の先生はこちらの先生方です!
気になる方は要チェック!

トランペット・小林脩平先生↓

フルート・氏川巳央先生↓

サックス・加藤亜李沙先生↓

サックス、ジャズサックス・瀬利優彰先生↓

それでは、また!
次の記事は何を取り上げようかなー♪

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。