島村楽器×Rolandコラボレーションのリニューアルモデル「TD-50SC-X」が来たので組み立ててたたいてみた!後編【理紗子のもっと!気になるそこんとこ!Vol.40】

連日こんにちは!
富田理紗子です!

前回までで、タムパッド・シンバルパッドの取り付けは終わってると思います。
というわけで、仕上げに入りますよ!!!
やっと叩ける状態になります~!!!

音源の取り付けをしましょう!

今回のリニューアルポイント、TD-50Xの音源んん…!!!!!!
全体的に黒っぽさが増してかっこいいですね!
裏を向けていただくと、ネジが4つついているので、プラスドライバーですべて外してください!

天狗の鼻みたいなのが付いた音源のマウントプレートがあると思うので、それを取り付けましょう!
四隅のネジをとりあえず締めて、位置を固定させてから仕上げの締め上げをしてくださいね!

前編の最後に取り付けた短い棒のパーツに音源を取り付けます!
そのまま穴にスポット入れてあげてくださいね!

ケーブルを繋いでいきます!

音源パネルの後ろ側にケーブルを繋いでいきます!
USBケーブルはUSBに入れてくださいね!
それぞれタグのようなものが付いているので、それに合わせて各パッドに取り付けていきます!

USBケーブルは、カバーもついているので、取り付けた後そのカバーにはめてください!
背面パネルに取り付ける順番はどれが1でも2でも大丈夫です!
スネアとハイハット、ライドにそれぞれ付属でケーブルが付いているので、それを使用しますよ!

通常のケーブルの取り付けは、先ほども言ったように、各パッドの名前が書いてあるタグが付いているので、それに合わせていくのですが、CY-16Rという少し大きめのシンバルパッドに取り付ける時だけ要注意!
おすすめ配置にしていると、右側のクラッシュに当たるパッドで、CR2というケーブルをはめる形になります。
はめる箇所が裏面にあるんですが、これ、二か所あるんですよねー

そのうちの、BOW/EDGEの方にはめてください!
BELLは、ライドとして使用する場合に使うものになるので、くれぐれも間違えないように…!

ケーブルはまとめるものがあるので、それで縛ったりしてまとめないと、見た目が汚くなっちゃうので、ここしっかりしましょう!

どん!!!
これにて完成です!!!

と、いうわけで!久々の!

もっと!気になるそこんとこ!

特典のSDカードはどうやって使うの?

島村楽器×Rolandのコラボレーションモデルの特徴でもある、オリジナル音源の入ったSDカードの使い方についてご説明しますね!

付属でついているSDカードを、音源左の挿入口に入れます!

電源を入れると、色んな表示が出るかもしれませんが、とりあえずパネル右下側のEXITなどを押して、この画面まで来てください!

パネル右上にSD CARDというボタンがあるのでそれをおすと、そこが光って画面が変わります!

SAVEではなく、SDカードに入っているデータをLOADするので、矢印キーの右を押してLOADを選択します!

パネル右下のENTERを押すと、画面が二枚目のように切り替わります!

この画面の時には、液晶パネルの右下、F5と書かれたボタンを押してください!
すると、確認画面になります!

ここで、矢印キーの右側を押してOKをENTERで選択!

LOADが始まって、終わるとCOMPLETE!の文字とともに男の子が出てきます♪

KITの音源に71以降が追加されれば完璧!

ちなみに、SD CARDのボタンを押した後の画面で、矢印キーやENTERキーを使わずに、液晶パネル上部についているボタンのF2を選択すると、一気にLOAD画面に行きますので、ちょっとでも時間短縮したい方にはこっちがおすすめ!

というわけで、完成しましたTD-50SC-X!
リニューアルした音源を、より感度のいいパッドたちと一緒に体感してみてくださいねー!
岡崎店では先行展示をしています!ぜひお越しくださいね!
また今回も動画載せておきます!まだ見てない方は是非見てくださいー!

それでは!!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。