ヘッド交換するとどういいの?ビフォーアフターを大公開!【理紗子のもっと!気になるそこんとこ!Vol.23】

こんにちは!

富田理紗子です!!!

いよいよ2019年も終わってしまいますね…。
大掃除は皆さん終わりましたか?
私は今度のお休みの日にやろうと思っていますよ!

さて、おうちの大掃除も大事ですが、楽器の大掃除もしていますか???
今回は、お客様からお預かりしたドラムセットのヘッド交換の様子をお届けします!

島村楽器ではお持ちの楽器の弦交換・ヘッド交換を行っています!
お時間をいただく形になっていますので、ぜひお時間がある際にお申し付けくださいね♪
↓の画像から詳細をチェック!

さて、それでは…

さっそくビフォーアフターです!

このヘッドが…

こうなるんです!!!

というわけで、その工程をざっくりお伝えいたします!

ヘッドを外して、中のお掃除です!

ドラマーは車や家の鍵と一緒に持っていることの多いチューニングキーですが、実はこんなに大きなサイズのものもあるんです!
ヘッド交換の際には、これを使うと楽にできるのでお勧めですよ~♪

テンションボルトを全て緩めたら、リムを外します。

金属パーツは錆びていることが多いので、余裕がある場合は磨いて下さいね!
当店でお任せいただく場合は、磨きはありませんのでご了承ください。

ヘッドを取ると、中にも埃や木くずがたまっているので、ほこりを払ったりクロスで拭いたりしてくださいね!

今回は増し締めとボルトグリスアップを含めたデラックスコースのお申込みでしたので、増し締めとグリスアップも行います!
この作業は、ヘッド交換の際にのみできることですので、行うといいですよ!

ちなみに、リムをクロスで拭いてみると……

こんなに汚れているんです…!
テンションボルトに着いた古びたオイルや木くずやほこりがたまったものが付いていますね…。
やっぱりお手入れは必要ですね…。

ちなみに、裏も張替をしました!
裏の場合は、ぱっと見の劣化は分かりにくいですが、伸び切ってしまっている場合が多いので、年に1回か2年に1回程交換するといいですよ!
一応ビフォーアフターを載せておきますね!

さて、ではここで!

今回のもっと!気になるそこんとこ!

実際にヘッドの交換はどのタイミングでやるべきなの?

定期的に交換するといいですよーっとはいっていますが、では実際にどのタイミングで交換するのか?
実は、タムの種類や張っているヘッドの種類によって、交換のタイミングが違うのが厄介なんです。
チューニングが定まりにくくなったり破れたら明らかに交換のタイミングです!
また、スネアのヘッドに良く張ってあるコーテッドの場合は、表面のコーティングが剥がれてきたら、というタイミングもありますね!
中には、たるんだ状態のヘッドの方が好き、というドラマーさんもいると思います!
ですが、一年に一回、お家の大掃除と同じように、一度解体して中身やそれぞれのパーツのお掃除をしてあげるのが良いと思いますよ!!!

来年は2020!
今年も見ていただいてありがとうございます♪
来年も是非よろしくお願い致しますー!!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。