島村楽器×CASIOの新コラボレーションモデルが発売!新商品発表会に行ってきました♪【理紗子のもっと!気になるそこんとこ!Vol.14】

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、参加費・販売価格、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

こんにちは!
ご無沙汰しております!
富田理紗子です!

皆様お元気でしたでしょうか?
季節はすっかり夏になり、暑い日が続いていますね…。

そんな今回は!CASIOの新商品発表会にお邪魔しましたので、そのレポートをお届けいたします!
今回の発表会では、CASIOのハイブリッドピアノ「GP-510」「GP-310」の発表がありました!

さらに、その新商品発表会の場で!な、な、なんと!!!

島村楽器×CASIOコラボレーション電子ピアノ

が発表されました!
待望のコラボレーション新モデルを中心にご紹介いたしますね♪

新コラボレーションモデルは、ハイブリッドピアノ!

今回、特に注目したいのが、新しいコラボレーションモデル。
今まで、様々なメーカーとコラボレーションモデルを発表してきた島村楽器ですが、もちろんCASIOとのコラボレーションモデルも作らせていただいております。
その機種が「PX-2000GP」という機種なのですが、スリムタイプで模様替えもしやすく場所も取らないのに、4スピーカー搭載とピアノの音の回る環境と似た環境で練習が出来る優れもの!

そんな現行商品とは別に、新たに島村楽器×CASIOのコラボレーションモデルが発売致します!

その名も!!

GRAND HIBRID「GP-1000」

待望のハイブリッドピアノのコラボレーションモデルです!!!
電子ピアノの一種と考えられますが、単なる電子ピアノとは違う!
そんなGP-1000を一足先に見てきましたよ~!

GRAND HIBRIDとは?

電子ピアノの中でも、近年注目を集めるハイブリッドピアノ。
その中でも、CASIOの開発したGRAND HIBRIDは、他のハイブリッドピアノとは一味違う要素がたくさん!
詳しくは、公式HPにてご確認下さい!!!

それでは、新商品レポートです!

新しいハイブリッドコラボレーションモデル「GP-1000」の見た目はこんな感じ。
旧品番のGP-500とあまり変わらない見た目ですが、光沢のある黒が存在感があってピアノらしいですね!

鍵盤右下前方には、C.ベヒシュタインのプレートが付いています。
ベルリングランド音と鍵盤はCASIOとベヒシュタインの共同開発をしているため、このプレートが付いているんですよ!

操作盤をよく見ると、日本語!
GP-1000は、島村楽器のコラボレーションモデルの定番ともいえる、「操作パネルの日本語表記」を搭載しています。
レギュラーモデルの英語表記とは異なり、操作のボタンだけでなく液晶の中も日本語表記!
今回のリニューアルから液晶の背景が濃い色になり、文字が薄い色になったために、液晶の文字自体も見やすくなりました!

もちろん、ボリューム表記も、日本語なんですよ~♪

またもやこれも、島村楽器コラボモデルの定番となったていますが、音色がレギュラーモデルよりも多い!
今回の増やしていただいた音色の中でも注目は、アップライトピアノの音色。
3音色あるこのアップライトピアノの音色を選ぶと、自然と真ん中のペダルがマフラーペダルに変化!
真ん中のペダルを踏み続けなくても、マフラーペダルの効果が出るんです!

解除した画面がこんな感じ。
アップライトピアノとグランドピアノのペダルは機能が少し変わります。
そこも再現できている、画期的なピアノなんです!

そして、レギュラーモデルもコラボレーションモデルも共通しているのが、鍵盤の構造。
アコースティックアクションとして、グランドピアノのアクションが搭載しているのが、このGRAND HIBRIDの特徴。

実は、一本の木から削り出されているので、年輪が見えるんです!!!
すごいですよね!!!

鍵盤を押したときに下で支える筬の部分も、しっかり木で出来ているので、グランドピアノに限りなく近いタッチ感を実現しています!

当店店長・平野も、実際に少し弾いてみていました~♪

また、当店でも大人気PX-S1000の赤艶が登場!

光沢がカッコよく光っていますよね!!!

背面のスピーカーはBLACKでさらにカッコよさを増長させています!
これ一台あれば、持ち運びももちろん、ステージ映えもしちゃいますね!

というわけで、ここで!

今回のもっと!気になるそこんとこ!

グランドピアノとアップライトピアノのペダルの違いとは?

先程、アップライトピアノの音色を選択すると、真ん中のペダルの役割が自動で変化します!とご説明しましたが、そもそもグランドピアノとアップライトピアノでは、ペダルの役割が変わるのをご存知ですか?

グランドピアノの場合

右:ダンパーペダル 真ん中:ソステヌートペダル 左:シフトペダル

アップライトピアノの場合

右:ダンパーペダル 真ん中:ソフトペダル 左:シフトペダル

右と左は両方とも共通で、右のダンパーペダルが音を伸ばすペダル、左のシフトペダルが音色を変化させるペダル。
真ん中のペダルは、二つのピアノで役割が異なります!

グランドピアノ ソステヌートペダルの役割

直前に押した鍵盤だけ伸び、余韻が残る。
楽曲によっては、この演奏方法が指定されている曲もあり、一音だけを伸ばすためのペダルとなります!

アップライトピアノ ソフトペダルの役割

音量が下がる。
夜の練習などに使用するためのペダルとなります!

今回の新商品「GP-1000」は、通常のペダルの配置はグランドピアノと同じ、真ん中がソステヌートペダルの役割をしますが、GP-1000にだけ搭載しているアップライトピアノの音色を選ぶと、自動で真ん中のペダルがソフトペダルに変わります!
こんな機能を持った電子ピアノはなかなかありません!!!

店頭には、発売日の8/23(金)には並んでいる予定です!!!
ぜひお店で体感してみて下さいね♪
次回は、新商品発表会レポート第二弾をお届けします!
お楽しみに~♪


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。