【今さら聞けないドラム基礎知識】キックペダル編

こんにちは。最近輸入教則本が人気で嬉しい限りです、藤崎です。日本語で解説が無いわけですがリズムが読めればまず大丈夫なのでギターなどの輸入教本より取り組みやすいですね。

構造はこんな感じ

画像

赤丸してあるクランプボルトを回してバスドラムにペダルを固定します。実はただ固定できればいいというわけでもありません。

早速写真をご覧下さい

真ん中にセットする。コレが意外と出来ていない方がいます。

写真のペダルはズレないようにガムテープで固定するというドラマーならではのこだわりを感じます。

ペダルをバスドラムに取り付けるわけですがキチンと真ん中に真が取れていないとペダルがズレたりチェーンが歪む原因となります。ちなみにビーターの長さとバスドラムの打面のどのあたりにセッティングするか、ツインペダルの場合どのように、、、

お話が延々と続きそうなので詳しくは店頭で担当者の藤崎に質問していただけると嬉しいです。

ご来店、ご質問お待ちしております。

併せてご覧下さい

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。