【ドラマーたちの讃歌】シンバルの音色について

こんにちは。シンバルメーカーが一つだけになりますと言われたらジルジャンに残っていただきたいと常日頃から思っております、藤崎です。

シンバルは、使い込んでいくうちに音色は乾いていきますが、指紋などの汚れがつくだけでもサウンドが変わってしまうことをご存知ですか?

指紋などがついているシンバルはきれいな状態のときと比べ、より落ち着いた音色になります。

きらきらした感じを抑えるため、新品のシンバルにあえて汚れをつけたりすることもあるでしょう。

音が気に入っていればそのままでもいい?

そうです。音色が気にいっていればクリーナーなどを使わずにそのままにしておくことも一つの選択肢です。

逆に、明るくキレのあるサウンドが良い場合は(もちろん見た目にも)こまめに磨くようにしましょう。

11月3日のスネアドラム試奏会はまだ空きがありますのでぜひご予約ください。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。