大宮店ギター修理スタッフ山崎の「修理屋さんの覚書 11」 ギターと配線材のお話し。

皆様、こんにちは。

大宮店ギター修理、山崎です。

今回は、ギターの音作りと内部配線のお話です。

少しギターの演奏に慣れてくると、アンプやエフェクター、シールド等拘って揃えられる方もいらっしゃると思います。

そんな選択肢の中に、「ギターの内部配線の交換」も御座います!といった紹介の内容になります。

シールドを変えて音が変わるように、またコンデンサで音が変わるように、配線材でも音のコントロールが出来ます。

ピックアップの交換については今回は割愛して、ピックアップの根本とジャックを直結した信号を10として、基本的には引き算。

素材や線の太さ、単線か撚線か、メッキされているかいないか、、

市販の配線材だけでなく、

様々ビンテージ配線材やコンデンサもご用意しております。

丁寧に配線を取りまわすことで、無駄な引き算を無くせる点と、断線トラブルの予防にも繋がります。

大宮店では、使用する配線材とハンダにも拘った、仮配線済みのジャックを数種類ご用意しております。ボリュームPOT→ジャックまでの配線材を変えるだけでも、一定の効果は感じられるのではないかと思います。

楽器を見させて頂きながら、膨大な組み合わせの中からベストな組み合わせを一緒にお探し致します。

皆様の音作りのお手伝いが出来る様、ご準備してお待ちしておりますので、まずはお気軽にご相談下さいませ!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。