大宮店ギター修理スタッフ山崎の「修理屋さんの覚書 7」 トレブルブリード

皆様こんにちは。

大宮店ギターリペア、山崎で御座います。

ギターのボリューム操作を行うときに、音がこもる・効きが滑らかでなく違和感がある..等感じたことはありませんか。

今回はそういったお悩みに対するカスタムをご紹介いたします。

このような時、高音のロスを軽減する「ハイパス」、0~10までの効きを滑らかにする「スムーステーパー」

今回ご紹介するのは、「トレブルブリード」と言われる回路を組んでいきます。

元の状態では、ハイパス が組み込まれている状態。ボリュームを絞った時の音が少々カリカリし過ぎて、かつ滑らかさももう一声、、といった状態でした。

基本的にはギターの回路は基本的には引き算。ピックアップから出る信号がMAX、そこからいろいろな要素で引き算がされて行き、最終的ジャックから出力されます。一部アクティブ回路で足し算もされますが、今回は割愛。

その引き算の具合を、自由度高く調整出来る回路が、トレブルブリード 回路になります。

数えきれないほど膨大な、キャパシタと抵抗の組み合わせの中、あれでもない、、これでもない、、、と試行錯誤。

どの帯域を落として、どこを残すのか..理屈と聴感を照らし合わせながら、ベストな組み合わせを探します。

数値が決まりました。効きも滑らか、ボリュームがどのポジションにいても、所謂使える音 が出るようになりました。

この回路、ボリュームはもちろんですが、仕組みを応用してトーンやローカットスイッチ、FENDERのTBX回路やSCHECTERのローカットトーンにも応用が利きます!

不満ではないけれど、あと少しこうだったらな、、なんてわがままさんにもお応え出来るよう、出来る限りの準備をしてお待ちしております。ぜひともお気軽に、私 山崎 まで一度、ご相談ください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。